Updated on 2021/05/27

写真a

 
Shimada Shigeru
 

Education

  • University of Tsukuba   Graduated

    - 1976.3

  • University of Tsukuba   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    - 1983.3

Research History

  • Fukui University of Technology   Professor

    2017.4

 

Papers

  • Frequency of Play and Exercise at Preschool and Childhpood Ages:Effect on Exercise Habits and Physical Fitness in Adolescence Reviewed

    Takayoshi Yamada, Shinichi Demura, Shigeru Shimada

    Journal of Physical Activity Reseach   7 ( x,xx )   1 - 5   2019.2

     More details

    幼児期の遊びと運動の頻度が青年期の運動習慣と体力に及ぼす影響を明らかにすることを研究目的とし、15歳から21歳の健常成年男子を対象として、質問調査と文部科学省体力テストを実施した結果、現在の運動習慣と遊びの頻度は幼児期の遊びの頻度や運動習慣の間に有意な関係が認められ、体格の違いには差が見られなかったが、体力テスト結果は遊びや運動頻度の高いグループで優れていた。

  • Characteristics of the life habits of obese students at one of Japan's National Colleges of Technology Reviewed

    Y.Nagasawa,S.Demura,S.shimada

    International Journal of Adolescent Medicine and Health   2016.12

     More details

    青年期の生活習慣と肥満の関係を明らかにすることはその後の高年期におけるまでの生活習慣病の予防等への重要なヒントが得られるものと考えられる。本研究では、大学入試の準備による生活習慣の顕著な変化や運動の欠如の経験がないという理由で、より正常な発達過程をもつと考えられる日本の高等専門学校学生を対象として、彼らの身体組成の生活習慣による影響を検討することに重要な意義があり、さらに身体組成をBMIや体脂肪率(%BF)の基準から分類された肥満学生の生活習慣の特徴を明らかにすることが目的とされた。その結果、%BFが20%以上でBMI25以上の過体重肥満と%BFが20%以上でBMI25未満の隠れ肥満グループは非肥満グループより運動時間が少なく、過食で食事間隔が短いことや非肥満グループは過体重肥満グループより起床時間が遅く、TV視聴時間は短かった。結論として、肥満学生は健康的な生活維持や適正体重維持のためのガイダンスの必要が示唆された。

  • A Study on Skill Evaluation in Net-type Sports: Application to Teaching in a Situation where Player is without Ball

    44   425 - 429   2014.5

  • Effects of Sports Club Activities on the Physique and Physical Fitness of Young Japanese Males Reviewed

    Takanori Noguchi,Shin-ichi Demura,Shigeru Shimada,Hidetsugu Kobayashi,Shunsuke Yamaji & Takayoshi Yamada

    World Journal of Education   3 ( 6 )   27 - 32   2013.12

     More details

    部活動に参加する生徒は、体力向上のためのトレーニング時間が充実している。一方、運動部に所属しない生徒の体力については、授業以外で運動時間が確保することが困難な状況にある。本研究では、男子生徒を対象に、運動部所属群と非所属群(統制群)の体力テストの記録を比較し、運動部所属の有無が体格や体力に及ぼす影響について検討することを目的とした。その結果、部活動に所属していない生徒に対しては、全身持久力をはじめとする体格や体力全般の発育発達を促す教育の充実が重要であることが示唆された。

  • Characteristics of Obese Individual's Physical Fitness Based on Body Mass Index and Body Fat Percentage of Japanese Male Students in the National College of Technology Reviewed

    The Journal of Education and Health Science   56 ( 3 )   267 - 274   2011.2

  • Characteristics of Life Style and Health-Status Based on Longitudinal Data for Three Years of Japanese Male Students in the National College of Technology Reviewed

    The Journal of Education and Health Science   55 ( 4 )   293 - 304   2010.6

  • Physical Fitness Changes of Japanese Male Students at the National College of Technology Reviewed

    Masanobu Uchiyama,Sinichi Demura,Shigeru. Shimada他

    The Journal of Education and Health Science   53 ( 4 )   374 - 385   2008.6

     More details

    高等専門学校男子学生の20年間における体力の推移を検討するために、1985年以降に入学した3年男子学生を前半期(1985~1989年)と後半期(2000~2004年)に分け、それぞれの平均値の差の分析が行われた。比較検討された内容は、体格テスト(4項目)と文部科学省の体力・運動能力テスト(12項目)であった。その結果、両群間の体格(長育および量育)には大きな差は認められなかったが、肥満傾向学生の割合は後半期の方が有意に多かった。体力・運動能力テストでは、筋力・瞬発力・柔軟性・筋持久力および全身持久力(=敏捷性を除く体力全般)が年代の進行とともに劣る傾向にあった。

  • Physique and Physical Fitness of Male Students who belong to the Sportsclubs at Fukui National College of Technology Reviewed

    自然科学・工学 ( 41 )   113 - 117   2007.11

▼display all