Updated on 2021/05/27

写真a

 
Tsujimoto Norio
 

Degree

  • Master (Education)   Coursework ( 2008.3   Nagoya University )

  • Doctor (Education)   Coursework ( 2017.7   Nagoya University )

Research Areas

  • Life Science / Sports sciences

Education

  • Kanazawa University   Graduated

    2002.4 - 2006.3

  • Nagoya University   Doctor's Course   Completed

    2006.4 - 2008.3

  • Nagoya University   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    2012.4 - 2015.3

Research History

  • Fukui University of Technology   Lecturer

    2015.4

  • Fukui University of Technology   Lecturer

    2017.4

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2018.4

 

Papers

  • Prediction of the Longitudinal Arch Angle During Running for Various Foot Strike Patterns Using a Static Longitudinal Arch Angle Measurement Reviewed

    Norio Tsujimoto

    Journal of the American Podiatric Medical Association   110 ( 3 )   2020.7

     More details

    ランニング時の内側縦アーチ角度は下肢慢性障害と関係があると言われている。本研究では、後足部接地、および後足部接地以外のランナーを対象に、立位時の内側縦アーチ角度の情報からランニング時の内側縦アーチ角度が予測可能かについて調べた。その結果、いずれの接地パターンであっても予測が可能であることが示された。よって、いずれの接地パターンのランナーにおいても、立位時の内側縦アーチ角度を用いることで障害予防のスクリーニングが出来る可能性が示された。

  • Major factors influencing rearfoot external eversion moment during barefoot walking Reviewed

    Norio Tsujimoto, Hiroyuki Nunome, Yasuo Ikegami

    Gait & posture   79   189 - 194   2020.6

     More details

    本研究では、歩行の支持期において発生する後足部外反モーメントの発生要因を調べることを目的とした。分析の結果、接地直後の地面反力の側方成分と、ミッドスタンス局面の足関節中心と足圧中心の側方距離がモーメントの発生に寄与していることが明らかとなった。歩行時に過度の後足部外反モーメントを受けると過度の後足部外反動作が導かれ、下肢慢性障害に繋がると考えられている。本研究結果は、過度のモーメントを受けている場合にモーメントを抑えるための、具体的な手法の提言に繋がるものと考えられる。

  • Mechanical factors affecting the foot eversion moment during the stance phase of running in non-rearfoot strikers Reviewed

    Norio Tsujimoto, Hiroyuki Nunome, Takamasa Mizuno, Koichiro Inoue, Kazuhiro Matsui, Ryo Matsugi, Yasuo Ikegami

    Sports Biomechanics   2019.1

     More details

    ランニング時に後足部以外の部分から接地するランナーを対象とし、足関節に加わる外反モーメントの発生要因を調べた。その結果、接地直後には足関節中心と足圧中心(COP)の側方距離が、それ以降では足関節中心とCOPの側方距離と床反力の側方成分の双方が、外反モーメントの発生要因となっていることが明らかとなった。これは、後足部接地のランナーで得られている結果とは異なる結果であった。

  • Primary mechanical factors contributing to foot eversion moment during the stance phase of running Reviewed

    Norio Tsujimoto, Hiroyuki Nunome, Yasuo Ikegami

    Journal of sports sciences   35 ( 9 )   898 - 905   2017.5

     More details

    ランニング支持期中に後足部外反動作を引き起こす、床反力由来の後足部外反モーメントは、ランニング障害と関係があると考えられてきている。本研究の目的は、ランニング支持期中における床反力由来の後足部外反モーメントの発生要因を明らかにすることであった。分析に結果、接地直後の局面では、接地直前の足部の側方速度の大きさが、また、その後の局面では、足関節中心に対する圧力中心(COP)の側方距離が、モーメントの発生に寄与していることが明らかとなった。

  • Does rearfoot eversion angle represent rearfoot external eversion moment during stance phase of running ? Reviewed

    Norio Tsujimoto, Hiroyuki Nunome, Yasuo Ikegami

    Proceedings of 34th International Conference on Biomechanics in Sports   2016.7

     More details

    ランニング支持期中において、後足部外反動作を引き起こす後足部外反モーメントは、ランニング障害の要因と考えられている。しかし、伝統的に、ランニング障害の発生度は後足部外反角度によって評価されてきた。これは、角度は測定が簡易であるからと考えられる。しかし、ランニング支持期中の後足部外反角度の大きさと後足部外反モーメントの大きさの関係は明らかでない。本研究において、両者の関係を調べた結果、角度とモーメントの間に関係はないことが明らかとなった。よって、ランニング障害の発生度は、モーメントを使用すべきであることが示唆された。

  • Development of a method to evaluate jumping stability and application of the method to training in trampolining Reviewed

    7   99 - 112   2015.6

  • Primary factors affect foot eversion dynamics during stance phase of running Reviewed

    Norio Tsujimoto, Hiroyuki Nunome, Yasuo Ikegami

    Footwear Science   7 ( Supplement 1 )   50 - 52   2015.6

     More details

    本研究の目的はランニング支持期中の後足部外反動作を引き起こす力である床反力由来の後足部外反モーメントの発生機序を明らかにすることである。モーションキャプチャシステムと床反力計を用いて、ランニング支持期中の足部動態を詳細に分析した。その結果、接地直前の足部の側方速度と接地後の足関節中心に対する足圧中心位置の側方距離が、後足部外反モーメントの発生に寄与していることが明らかとなった。

  • The effect of holding a health class for prevention and improvement of locomotive syndrome in a covered shopping mall Reviewed

    11 ( 1 )   9 - 16   2015.3

  • Effect of the care prevention business for the knee pain which utilized a public bath : locomotive syndrome prevention Reviewed

    8 ( 1 )   4 - 11   2012.2

  • Change of ball impact technique in instep kicking with physical growth Reviewed

    Hironari Shinkai, Hiroyuki Nunome, Harutomo Suzuki, Hiroshi Suito, Norio Tsujimoto, Tadashi Kumagai, Yasuo Ikegami

    International Research in Science and Soccer   55 - 61   2009.9

     More details

    インステップキックのボールインパクト技術が、育成年代の選手の発育発達過程の中でどのように習得されていくのかを横断的アプローチから検討した。9歳から15歳までのサッカー選手21名のボールインパクトを2台の超高速度ビデオカメラ(2000コマ/秒)で分析した結果、ボールインパクトはほぼボールと足部の衝突とみなすことができ、キックパフォーマンスは選手の体格に大きな影響を受けることが明らかとなった。

  • The effect of arm swing restriction on sprint running Reviewed

    13 ( 2 )   38 - 50   2009.8

  • The effect of fatigue on the underwater arm stroke motion in the 100-m front crawl Reviewed

    Hiroshi Suito, Yasuo Ikegami, Hiroyuki Nunome, Sinya Sano, Hironari Shinkai, Norio Tsujimoto

    Journal of applied biomechanics   24 ( 4 )   316 - 324   2008.11

     More details

    100mクロール泳中における水中でのストローク動作について疲労が動作に及ぼす影響について検討した。ストローク動作では、特に肩関節の関節運動が大きく関与していることが明らかとなった。ストローク前半では肩関節の内転方向の運動が、後半では肩関節の水平外転方向の運動が大きく貢献していることが明らかとなった。疲労の影響については、ストローク前半の肩関節の関節運動に影響を及ぼすことが示唆された。

  • Comparison of ball impact characteristics between side-foot and instep kicking in soccer Reviewed

    Hironari Shinkai, Hiroyuki Nunome, Harutomo Suzuki, Hiroshi Suito, Norio Tsujimoto, Yasuo Ikegami

    Proceedings of XXVI International Conference on Biomechanics in Sports   727 - 730   2008.7

     More details

    サッカーのインサイドキックにおけるボールインパクトの特徴をインステップキックとの比較から明らかにすることを目的とした。2台の超高速度カメラ(2000コマ/秒)を使用して分析した結果、インパクト中に起こる足部の変形について両キック間で違いがみられた。また、インサイドキックはインステップキックよりも足部速度およびボール速度が低かったが、インパクトの効率の点では両キック間に差がないことが明らかとなった。

  • Preliminary assessment of the effect of trapeze postures on righting force in sailing Reviewed

    Norio Tsujimoto, Yoshinori Takeuchi, Hiroh Yamamoto

    Proceedings of XXIV International Conference on Biomechanics in Sports   2   600 - 602   2006.7

     More details

    ヨットにおいて帆走する際、選手はハーネスを着用し、マストから伸びるワイヤーに引っかかるように身体を船外に出して船の傾きを抑えるトラッピーズ姿勢を取る。その姿勢の変化と、ワイヤーに加わる牽引力との関係を調べた。その結果、身体の曲げ伸ばしや腕の上げ下げと牽引力との間に関係は見られなかった。よって、船の傾きは、ワイヤーに加わる牽引力によるものではなく、姿勢の変化における重心位置の移動に影響されることが示唆された。

▼display all

Presentations

  • Primary factors affect foot eversion dynamics during stance phase of running