Updated on 2021/08/25

写真a

 
SUGIURA Hiroki
 

Degree

  • Bachelor of Arts   Coursework ( 2007.3   Oita University )

  • Master of Education   Coursework ( 2009.3   Oita University )

  • Doctor of Philosophy   Coursework ( 2013.3   Kanazawa University )

Research Interests

  • Human Growth and Development

  • Test and Evaluation

Research Areas

  • Life Science / Nutrition science and health science

  • Life Science / Rehabilitation science

  • Others / Others

Education

  • Oita University   Faculty of Education and Welfare Science   Human Society and Welfare Science Course   Graduated

    2003.4 - 2007.3

  • Oita University, Graduate School   Division of Education   Subject Teaching   Master's Course   Completed

    2007.4 - 2009.3

  • Kanazawa University, Graduate School   Division of Life Science   Doctor's Course   Completed

    2010.4 - 2013.3

Research History

  • Fukui University of Technology   Lecturer

    2014.4 - 2015.3

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2017.4 - 2021.3

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2017.4 - 2021.3

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2017.4 - 2021.3

  • Fukui University of Technology   Professor

    2021.4

  • Fukui University of Technology   Professor

    2021.4

  • Fukui University of Technology   Professor

    2021.4

▼display all

Professional Memberships

  • Japan Society of Test and Measurement in Health and Physical Education

    2010.2

  • Japanese Society of Education and Health Science

    2010.4

  • Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine

    2010.4

  • Japan Society of Physical Education

    2010.4

  • Japanese Association of School Health

    2012.7

  • Japan Society of Human Growth and Development

    2017.2

  • The Japan Geriatrics Society

    2017.7

  • Hokuriku Society of Sports Sciences and Physical Education

    2019.11

▼display all

Qualification acquired

  • High School Teacher Specialization License

  • Health Exercise Instructor

 

Papers

  • Levels of awareness among school teachers regarding female athletes and nutritional science Reviewed

    Asana Ikari, Hiroki Sugiura, Yuki Samejima, Kei Sokura

    World Journal of Nutrition and Health   9 ( 1 )   1 - 6   2021.8

  • Construction of assessment items for the hip-hop dance step "the running man" Reviewed

    Miei Sugita, Hiroki Sugiura

    Journal of Hokuriku Society of Sport Sciences and Physical Education   2   9 - 16   2021.3

  • Effect of successful performance of a balance board test of the right and left directions on motor skills and fall experience in elderly females(印刷中) Reviewed

    Hiroki Sugiura, Takanori Noguchi, Tomohisa Yokoya

    Gazzetta Medica Italiana   2021

     More details

    前後に素早く揺れる不安定板上で姿勢が保持できない者はそれが可能な者に比べ、各種運動能力に劣り、転倒経験が多い。本研究は、左右に素早く揺れる不安定板上での姿勢保持の成就可否と各種運動能力および転倒経験の関連を検討した。その結果、成就できない者は成就できる者に比べ片脚支持時間は短いが、他の運動能力および転倒経験は変わらないことが明らかにされた。

  • Relationships of the performance in a walking test on an unstable walkway with various motor abilities and fall experiences in active elderly people(印刷中) Reviewed

    Hiroki Sugiura, Takanori Noguchi, Tomohisa Yokoya, Asana Ikari, Yuki Samejima, Ginpei Yamamoto, Bayanduuren Boldbaatar, Miei Sugita

    Gazzetta Medica Italiana   2021

     More details

    活動的な高齢者の中から転倒し易い者をスクリーニングするのは困難である。よって、従来よりも難度の高いテストの開発が必要である。本研究の目的は、高齢者169名における不安定バーを用いた歩行テストおよび各種運動能力との関係、ならびに転倒との関連を検討することであった。バーは特殊配合ポリエチレン製であり、5種の幅(150、130、110、90、70mm)で構成されている。各バーを幅の広い順に2枚ずつ直線に並べ(計10枚)、30bpmのテンポで歩いた際、バーから落ちずに歩行できた枚数を計測した。本テストは片脚支持時間および歩行時間との間に中程度の関係があること、転倒非経験者は転倒経験者よりもテストの成就度が優れることが明らかにされた。

  • The differences in health condition and lifestyle of business types with high and low diabetes risks

    Ginpei Yamamoto, Hiroki Sugiura, Toshimitsu Ebisu, Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi, Taketeru Maegawa, Yutaka Kato

    Memoirs of Fukui University of Technology   50   214 - 222   2020.10

  • Does changing the posture affect the kayak player's rowing power performance ?

    Takanori Noguchi, Tomohisa Yokoya, Hiroki Sugiura, Taketeru Maegawa, Naoko Nojiri

    Memoirs of Fukui University of Technology   50   171 - 175   2020.10

  • Case report on the characteristics of the cognitive function of expert equestrians

    Yoshinobu YOSHIMURA, Takanori NOGUCHI, Tomohisa YOKOYA, Hiroki SUGIURA, Masahiro OSOGAMI, Kwang Jin JOO

    Memoirs of Fukui University of Technology   49   149 - 153   2019.12

  • Effects of wearing a compression undershirt on body composition: the case of wearing for two weeks at low frequency

    Toshimitsu Ebisu, Koya Sato, Masashi Morisaku, Kennya Kato, Ryota Takagi, Kaisei Sasaki, Nana Fujihara, Hirokazu Iwagoshi, Tomohisa Yokoya, Hiroki Sugiura

    Memoirs of Fukui University of Technology   49   144 - 148   2019.12

     More details

    本研究の目的は、7名の男子大学生を対象に、加圧インナーの着用が血圧や脈拍、身体活動量、体脂肪、筋肉量に及ぼす影響を検討することであった。解析の結果、各変数に顕著な変化は認められなかった。

  • Changes in achievement degree of maintain a stable posture on an unstable stool over time, according to the achievement degree of one leg standing Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shunsuke Yamaji, Takayoshi Yamada, Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi

    Bulletin of Hokuriku Society of Physical Education, Health and Sport Sciences   55   17 - 21   2019.3

  • Effect of 4 weeks trunk muscle strength training on soft tennis service movement, and its velocity and accuracy Reviewed

    Takayoshi Yamada, Rino Kawabata, Tatsunori Urai, Takanori Noguchi, Hiroki Sugiura, Daiki Izumiyama

    Bulletin of Hokuriku Society of Physical Education, Health and Sport Sciences   55   35 - 40   2019.3

  • The actual situation of students feeling embarrassed in regards to self-evaluating their "expression skills" in nursing and early childhood education training

    Kazuyo Tachibana, Hiroki Sugiura, Etsuko Sanada

    10   31 - 42   2019.3

  • Changes in performance on the balance board test and motor fitness over time in elderly women Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shunsuke Yamaji, Takayoshi Yamada, Shigeru Shimada, Takanori Noguchi, Tomohisa Yokoya

    Journal of Physical Activity Research   4 ( 1 )   47 - 50   2019.1

     More details

    高齢者の平衡能力を評価するためにBalance board test (BB test) が用いられているが、加齢に伴い成就不可能になる者がいる。本研究の目的は、女性高齢者におけるBB testの成就度と各種運動能力の経年変化を検討することであった。BB test が成就できなくなった理由として、Pre期においてテストの成就度および運動能力が劣っていたこと、ならびに1年間で身長が低下したことが影響している。

  • Effects of a more active everyday lifestyle upon blood lipids, HbA1c and various fitness levels in middle-aged and elderly men and women

    Toshimitsu Ebisu, Tomohito Uesaka, Harumi Takeuchi, Youko Fujisawa, Eri Kirishima, Tomohisa Yokoya, Hiroki Sugiura

    Memoirs of Fukui University of Technology   48   112 - 118   2018.6

     More details

    本研究の目的は、より活動的な日々の生活が、血液脂質、HbA1c、および各種体力に及ぼす影響を検討することであった。被験者は福井県勝山市に在住する361名(男性116名、女性245名)であった。本研究では、5ヶ月間、1日30分以上のウォーキングを100日以上実施し、且つ事前および事後の測定に参加した男性30名(65歳以上:22名)および女性76名(65歳以上:37名)のデータを使用した。解析の結果、中年および高齢に関わらず、特別な運動を実施していない対象者であっても、5ヵ月間の活動的な生活により、血液脂質や各種体力は改善することが明らかにされた。

  • Measures to Increase Blood Donation Participation among University Students in Japan

    Hiroki Sugiura, Nako Nakayachi, Yoshie Iwakabe, Toshimitsu Ebisu, Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi

    Memoirs of Fukui University of Technology   48   142 - 147   2018.6

  • Relationship between selective response ability and motor abilities involving stepping motion of the legs

    Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi, Hiroki Sugiura, Toshimitsu Ebisu, Taketeru Maegawa, Kengo Yamazaki

    Memoirs of Fukui University of Technology   48   133 - 137   2018.6

  • Developing a simple method for estimating the cross-sectional area of abdominal muscles using ultrasound imaging

    Takanori Noguchi, Tomohisa Yokoya, Hiroki Sugiura, Taketeru Maegawa, Norio Tsujimoto, Hikari Naito

    Memoirs of Fukui University of Technology   48   138 - 141   2018.6

  • Change of participation rate in inter-high school athletic meetings in Japan's 47 prefectures, based on data of 2010 and 2015 Reviewed

    Hiroki Sugiura, Haruto Kinoshita, Takanori Noguchi, Masakatsu Nakada, Tamotsu Kitabayashi, Tomohisa Yokoya, Naoko Nojiri

    Japanese Journal of Sciences in Swimming and Water Exercise   21 ( 1 )   12 - 17   2018.5

  • Initiatives in Project-Based Learning utilizing regional sports events

    Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi, Yoshinobu Yoshimura, Yoshinobu Kato, Nobukazu Kurimoto, Naoko Nojiri, Hiroki Sugiura, Toshimitsu Ebisu

    Memoirs of Fukui University of Technology   47   349 - 354   2017.5

  • Correlation between fitness levels, body fat, blood lipids, HbA1c and blood pressure in middle-aged and elderly men and women

    Toshimitsu Ebisu, Tomohisa Yokoya, Hiroki Sugiura, Shinsaku Yoshida

    Memoirs of Fukui University of Technology   47   232 - 237   2017.5

     More details

    本研究の目的は、中高年の男性および女生における各種体力、体重、血中脂質濃度、グリコヘモグロビン、および血圧間の関係を検討することであった。解析の結果、足底筋は握力、開眼片脚立ちと高い関係が認められた。また、総コレステロールとHDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリド、HbA1c、拡張期血圧、収縮期血圧間にも関係が認められた。

  • Effects of male university students' exercise habits on body composition, physical fitness, and peripheral blood circulation dynamics

    Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi, Toshimitsu Ebisu, Hiroki Sugiura

    Memoirs of Fukui University of Technology   47   251 - 255   2017.5

  • Morphological characteristics of the lateral abdominal muscles in athletes

    Takanori Noguchi, Tomohisa Yokoya, Hiroki Sugiura

    Memoirs of Fukui University of Technology   47   256 - 259   2017.5

  • The relationship between delayed response to stimuli and cognitive function in elderly women

    Takanori Noguchi, Tomohisa Yokoya, Hiroki Sugiura

    Memoirs of Fukui University of Technology   47   260 - 264   2017.5

  • The relationship between ability to maintain a stable posture on an unstable stool and leg strength, balance ability and fall experiences

    Hiroki Sugiura, Toshimitsu Ebisu, Yoshinobu Kato, Masayuki Sawazaki, Tomohisa Yokoya

    Memoirs of Fukui University of Technology   47   265 - 268   2017.5

  • The Relationship between ability to maintain a stable posture on an unstable stool and area of center of gravity displacement in male university soccer player

    Hiroki Sugiura, Yoshinobu Yoshimura, Takanori Noguchi, Naoko Nojiri, Koichi Handa

    Memoirs of Fukui University of Technology   47   269 - 272   2017.5

  • Time period and sex differences in physique, muscular strength, and flexibility in school children belonging to a community swimming sport club based on data of 1996/1998 and 2010/2012 Reviewed

    Yuko Asakura, Takaki Seita, Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Japan Journal of Test and Evaluation in Health and Physical Education   16   35 - 42   2017.3

  • The relationship between cognitive ability and physical fitness in preschool children Reviewed

    Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi, Hiroki Sugiura,

    Japan Journal of Test and Evaluation in Health and Physical Education   16   43 - 48   2017.3

  • Reliability and sex differences in a balance board test on an unstable stool in the elderly Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shuhei Takeda, Fumiyo Araki, Sou Nobukawa

    American Journal of Sports Science and Medicine   5 ( 1 )   11 - 14   2017.3

     More details

    高齢者の転倒危険性を予測するために姿勢保持テストが開発されている。しかし、新規テストを作成する際、妥当性や信頼性、性差、年代差等を検討する必要がある。本研究は、不安定板上での姿勢保持テストの性差、および試行間信頼性を検討することを目的とした。解析の結果、姿勢保持テストには性差がある。また、実用性の点から、本テストは、男性では4試行実施し、3および4試行目の平均値を、女性は3試行実施し、2および3試行目の平均値を利用することが望ましいことが明らかにされた。

  • Examine the Dynamic Balance Ability during One Leg Standing in Female University Soccer Player

    Hiroki Sugiura,Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi, Norio Tsujimoto, Erika Kato

    Memoirs of Fukui University of Technology   46   259 - 263   2016.6

  • Development of a new test to evaluate cognitive decision making in toddlers towards a proposal of risk-avoidance behavior taken from exerciseplay

    Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi, Hiroki Sugiura

    Memoirs of Fukui University of Technology   46   292 - 298   2016.6

  • Using the Wingate Test to Identify Time-Series-based Relations between the Ankle Joint Flexibility and Kick Speed

    Takanori Noguchi, Naoko Nojiri, Hiroki Sugiura, Tatsuya Yabu

    Memoirs of Fukui University of Technology   46   250 - 253   2016.6

  • Examine the Relationship between Dynamic Balance and Physical Fitness Tests in Preschool Children

    Hiroki Sugiura, Hiroe Sugimoto

    Memoirs of Fukui University of Technology   46   254 - 258   2016.6

  • Using Simplified Movement Analysis of Experienced Swimmers: a Practical Report Regarding Instruction in Diving Movements

    Takanori Noguchi, Tomohisa Yokoya, Tamotsu Kitabayashi, Hiroki Sugiura, Nobukazu Kurimoto

    Memoirs of Fukui University of Technology   46   299 - 303   2016.6

  • Effect of achievement possibility of a balance board test on physical functions, ADL, fall experience, and fall risk in elderly females Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura, Yu Uchida

    American Journal of Sports Science and Medicine   4 ( 1 )   1 - 5   2016.1

     More details

    不安定板上での姿勢保持は日常生活にあまりない動作であるため、自立度が高い高齢者でも成就が不可能な者がいる。前述の動作に要求される受動的な動的バランス能力は彼らの生活活動や転倒と密接に関係があるかもしれない。バランスボードテストの成就が不可能な女性高齢者は、可能な高齢者よりも転倒経験が多く、静的バランス能力、歩行能力、およびADLに劣るが、下肢筋力は変わらないことが明らかにされた。

  • Relationship between kick speed, leg power and between kick speed and ankle joint flexibility in competitive swimmers

    Takanori Noguchi, Shinichi Demura, Kohei Ueda, Hiroki Sugiura

    Memoirs of Fukui University of Technology   45   243 - 247   2015.7

  • Examination of the Factors of a Sense of Shame in Bodily Expression Activity

    Hiroki Sugiura, Kazuyo Tachibana, Tomohisa Yokoya, Takanori Noguchi

    Memoirs of Fukui University of Technology   45   264 - 267   2015.7

  • Effects of the degree and condition of knee pain on the activities of daily living in elderly females

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Memoirs of Fukui University of Technology   45   257 - 263   2015.7

  • The relationship between stepping test, functional reach test, and balance board test in healthy male students Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Advances in Research   3 ( 6 )   571 - 576   2015.6

     More details

    規定テンポステップ(Step)テストは随意的に身体を動かした時の、Functional Reach(FR)テストは随意的に身体を不安定にする刺激を加えた時の、不安定板での片脚立位姿勢(Balance board: BB)テストは不随意的に身体が持続的な刺激を受ける時の動的バランス能力を評価している。本研究の目的は、前述の各動的バランス能力テスト間の関係を検討することであった。FRテストは、StepとBBテストとは異なるバランス能力を評価し、後者2つの動的バランス能力テスト間の関係もそれほど高くないことが明らかにされた。

  • Relationships between mild/severe knee joint pain and fall risk assessment items in elderly females Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura, Kenji Takahashi

    Advances in Research   3 ( 4 )   445 - 454   2015.4

     More details

    近年、膝関節に疼痛を有する女性高齢者の転倒が問題視されている。膝疼痛者における転倒の危険性が高い動作や生活環境を明らかにすることは、転倒予防に役立つ。片膝疼痛か両膝疼痛かは転倒リスク項目の該当率に殆ど関係しない。本研究の目的は、疼痛の様態および程度別に、各転倒リスク調査項目の該当率を検討することであった。その結果、疼痛の様態(片膝および両膝)は転倒リスク項目の該当率に殆ど影響しない。しかし、疼痛の程度(重度および軽度)の影響は大きい。重度の膝疼痛者は身体機能因子に関する多くの動作項目の、軽度の膝疼痛者は歩行、走行、階段昇降、および起居動作に関する動作の該当率が高い。一方、膝疼痛のない者、および軽度の膝疼痛者は、性格・行動因子に関する転倒リスク項目の該当率が高い傾向にある。

  • Effect of an advanced practice session on handgrip strength exertion in gradually increased demand values Reviewed

    Masashi Omoya, Shinichi Demura, Hiroki Aoki, Haruka Kawabata, Hiroki Sugiura, Yu Uchida, Ning Xu

    Japan Journal of Test and Evaluation in Health and Physical Education   14   21 - 26   2015.3

  • Effect of mild and severe unilateral knee joint pain on gait in elderly females Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Journal of Geriatrics   2014   Article ID 820428   2014.12

     More details

    高齢期における歩容の変化は、歩行の安定性を保つための戦略と考えられているが、歩容の健患差は腰痛の発生や転倒リスクの増大を伴う。本研究の目的は、片膝疼痛を有する女性高齢者における各脚の歩容(立脚時間、遊脚時間、および歩幅)の群間差および健患差を検討することであった。片膝疼痛の程度(重度および軽度)に関わらず、歩容に健患差はないことが明らかにされた。片膝疼痛を有していても歩容は変化しないことが示唆される。

  • Characteristics of static and dynamic balance abilities in competitive swimmers Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura, Tamotsu Kitabayashi, Yoshimitsu Shimoyama, Daisuke Sato, Ning Xu, Yuko Asakura

    American Journal of Sports Science and Medicine   2 ( 6 )   208 - 211   2014.11

     More details

    水中では立位時に貢献する抗重力筋の発揮を殆ど必要としないため、競泳選手はバランス能力が劣るかもしれない。本研究の目的は、競泳選手および一般学生を対象に、操作脚および支持脚の片脚立位時における静的および動的バランス能力の差、ならびに一側優位性の有無を検討することであった。足圧中心動揺により評価される静的バランス能力は、競泳選手と一般学生間、ならびに両者における操作脚と支持脚間に差はない。しかし、動的バランス能力は競泳選手が優れ、選手と一般学生ともに操作脚が支持脚よりも優れる。

  • Effects of mild and severe knee joint pain on the frequency of falls and fall risk in elderly females Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Pain Studies and Treatment   2 ( 4 )   128 - 135   2014.10

     More details

    関節痛は転倒を誘発する要因とされている。本研究の目的は、女性高齢者の転倒回数および転倒リスクについて、膝疼痛のない群、片膝および両膝に軽度の膝疼痛を有する群、ならびに片膝および両膝に重度の膝疼痛を有する群の差を検討することであった。過去1年間の転倒回数、および各転倒リスク得点は、片膝および両膝軽度疼痛群間、ならびに片膝および両膝重度疼痛群間に有意差はなかった。膝関節に軽度や重度の膝疼痛を有する女性高齢者は転倒リスクが高く、易転倒性、身体症状・疾病、および身体機能要因が関与している。また、重度の膝疼痛を有する女性高齢者は転倒回数が多い。

  • Examination of factors affecting gait properties in healthy older adults: Focusing on knee extension strength, visual acuity, and knee joint pain Reviewed

    Tomohiro Demura, Shinichi Demura, Masanobu Uchiyama, Hiroki Sugiura

    Journal of Geriatric Physical Therapy   37 ( 2 )   52 - 57   2014.4

     More details

    歩容には様々な要因が関与している。本研究の目的は、膝伸展筋力、視力、および膝関節疼痛が高齢者の歩容変化に及ぼす影響を検討することであった。視力に問題がなく、かつ、膝関節疼痛もない高齢者において、歩行速度および歩幅は、膝伸展筋力の優れる群が劣る群に比べ有意に高値を示した。自覚的な視力問題、あるいは、膝関節疼痛有無群間には膝伸展筋力およびいずれの歩容変数にも有意差は認められなかった。以上のことから、特に膝伸展筋力低下が高齢者の歩容に影響を及ぼす要因であることが確認された。

  • Effect of maximum grip strength on controlled force exertion measured by a computer-generated sinusoidal waveform in young adult males Reviewed

    Yoshinori Nagasawa, Shinichi Demura, Kenji Takahashi, Hiroki Sugiura, Yu Uchida

    Sport Sciences for Health   10 ( 1 )   23 - 28   2014.4

     More details

    神経と筋骨格系の機能はヒトの運動成就に関与する。ヒトは日常活動で最大能力を発揮することは極めて少ないため、最大下能力発揮の持続性との関係に注目することは重要である。本研究では、青年男性81名を対象に、最大握力が正弦波形表示法による筋力発揮調整能(CFE)測定値に及ぼす影響を検討した。パソコンのディスプレイ上に出現する正弦波形表示の変動要求値に最大下の握力発揮値を一致させた結果、最大握力はCFE評価にほとんど影響を及ぼさない。

  • Possibility of stretch shortening cycle movement training using a jump rope Reviewed

    Kazuyoshi Miyaguchi, Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Journal of Strength and Conditioning Research   28 ( 3 )   700 - 705   2014.3

     More details

    本研究はリバウンドジャンプと2種の異なる縄跳び時のリバウンドジャンプ指数(RJ指数)の比較から縄跳びによるSSCトレーニングの使用可能性について検討することを目的とした。普通跳び及び二重跳びのRJ指数の信頼性は高く、二重跳びのRJ指数は普通跳びに比べ、有意に高かった。SSCに劣るグループの場合、リバウンドジャンプと二重跳びとにのみ有意な相関が認められた。リバウンドジャンプのRJ指数を基準とすると、SSC遂行能力の約7割を活用する二重跳びはSSC強化に有効な運動と判断された。

  • Relationship between untouched-toes and heel load in preschool children Reviewed

    Shigeki Matsuda, Shinichi Demura, Kosho Kasuga, Hiroki Sugiura

    Advances in Physical Education   3 ( 4 )   165 - 168   2013.11

     More details

    本研究の目的は、幼児を対象に、立位時に床に接地していない足趾の数と踵荷重の関係を検討することであった。被験者は4~6歳の園児691名であった。左足の踵荷重は、浮き趾を2本以上有する幼児が浮き趾のない幼児よりも、また、4歳児が6歳児よりも大きかった。一方、右足の踵荷重は、浮き趾を2本以上有する幼児が、浮き趾を1本有する幼児および浮き趾のない幼児よりも、また、4歳児が5歳児と6歳児よりも大きかった。

  • Development of various reaction abilities and their relationships with favorite play activities in preschool children Reviewed

    Kazuyoshi Miyaguchi, Shinichi Demura, Hiroki Sugiura, Masanobu Uchiyama, Masahiro Noda

    Journal of Strength and Conditioning Research   27 ( 10 )   2791 - 2799   2013.10

     More details

    本研究では、保育園で好まれる10の遊びを、5つの動的遊び(鬼ごっこ、サッカー、巧技台遊び、ドッジボール、縄跳び)および5つの静的遊び(お絵かき、ままごと、絵本、ブロック、砂遊び)に分類し、遊びと動作反応時間との関係を検討した。鬼ごっこやサッカーのような動的な遊びは、反応動作のスピードと全身運動の敏捷性を発達させ、一つの活動だけでなく多くの異なる種類の運動を実行することが各反応時間を短くするために効果的であることが明らかとなった。

  • Evaluating the effects of pain and disorders of the knee joint on knee extension strength and daily life activities in the female elderly Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura, Kenji Takahashi

    Pain Studies and Treatment   1 ( 3 )   17 - 23   2013.10

     More details

    本研究の目的は、膝疼痛および膝疾患のない健常女性高齢者ならびに膝疼痛や膝疾患を有する女性高齢者を対象に膝伸展筋力、ADL得点およびADL項目の回答の群間差を検討することであった。膝関節に疾患や疼痛を有する高齢者は、膝伸展筋力およびADL能力に劣る。また、膝疾患者は膝疼痛者よりもADL能力に劣り、生活活動全般が困難であることが示唆された。一方、膝疼痛者であっても、膝伸展筋力が劣り、自立した日常生活にも影響を及ぼすことが明らかにされた。

  • Effects of mild and severe knee joint pain on various activities of daily living in the female elderly Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Pain Research and Treatment   2013   Article ID 989508   2013.10

     More details

    本研究の目的は、膝疼痛の程度別に各種日常生活動作の成就の違いを検討することであった。非疼痛群において成就率が非常に高い(97%以上)および低い(38%以下)ADLに群間差は認ほとんど認められなかった。成就率が40%以上97%未満のADLは、重度疼痛群は非疼痛群よりも成就率が有意に低かった。軽度疼痛群および重度疼痛群は、非疼痛群よりも階段昇降および起居動作の成就率が有意に低かった。結論として、膝疼痛の有無に関係なく、成就が困難なADLと容易なADLがある。重度疼痛者は、多くのADLの成就が困難と考えられる。また、膝疼痛者にとって、特に階段昇降および起居動作は難度が高く成就が困難である。

  • Fall risk types and the fall prevalence rates of Japanese community-dwelling elderly Reviewed

    Shinichi Demura, Susumu Sato, Sohee Shin, Hiroki Sugiura, Masanobu Uchiyama

    Gazzetta Medica Italiana   172 ( 7-8 )   587 - 594   2013.7

     More details

    本研究では、身体機能、疾病・身体症状、行動・性格、環境の各因子で構成される、出村らの転倒リスクアセスメント票(DFRA)を用い、地域高齢者の転倒リスクパターンと転倒発生率の関係を検討することを目的とした。全ての要因(身体機能、疾病・身体症状、行動・性格、環境)にリスクを有する者の転倒発生率は80.0%、同様に3つの要因にリスクを有する者は45.1%、2つの要因では19.8%、1つの要因では14.1%であった。いずれの要因にもリスクを有さない者でも約10%の転倒発生率を示した。地域で自立した生活を営む高齢者であっても、3つ以上のリスク要因を抱える場合には転倒リスクが非常に高くなることが明らかになった。

  • Relationship between extent of coffee intake and recognition of its effects and ingredients Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura, Yoshinori Nagasawa, Shunsuke Yamaji, Tamotsu Kitabayashi, Shigeki Matsuda, Takayoshi Yamada, Ning Xu

    Detection   1 ( 1 )   1 - 6   2013.7

     More details

    1日3杯以上のコーヒー摂取により、健康的効果が得られると報告されている。本研究の目的は、若い青年男女におけるコーヒー摂取杯数とコーヒーの摂取効果およびコーヒー含有成分との関係を検討することであった。男女とも、コーヒー摂取杯数に関係なく、コーヒー摂取の効果の認識は低く、男性では摂取杯数により効果の認識は異なること、また、ほとんどの者は「カフェイン」以外のコーヒー含有成分を知らないことが明らかにされた。

  • Reliability and objectivity of children's obesity judgment index based on physique characteristics Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura, Kosyo Kasuga, Ning Xu

    The Journal of Education and Health Science   58 ( 4 )   344 - 350   2013.6

  • The effect of fall experience by tripping on the movement of stepping over the obstacle Reviewed

    Sohee Shin, Shinichi Demura, Hiroki Sugiura, Yu Uchida, Ning Xu

    Advances in Aging Research   2 ( 2 )   81 - 85   2013.5

     More details

    本研究では、躓きによる転倒経験が障害物上におけるステップ動作に及ぼす影響を検討することであった。被験者は、躓き転倒群、その他転倒群、非転倒群に分類された。評価変数は、片脚前方ステップと片脚後方ステップの成就時間であった。いずれの変数も、躓き転倒群が非転倒群よりも劣っていた。障害物ステップ動作は、躓きによる転倒経験者が非転倒経験者より遅いことが明らかとなった。

  • Effects of knee joint pain on knee extension strength, gait and activities of daily living in the female elderly

    Hiroki Sugiura

    2013.3

     More details

    This study aimed to examine the effects of knee pain on knee extension strength, gait, and activities of daily living (ADL) in elderly females. Gait was assessed using parameters such as foot grounding time and sole position while walking at maximum speed. Degree of knee pain was calculated using the Japanese edition knee function scale. The elderly with mild unilateral knee pain had laterality in knee extension strength but not in all gait parameters. Furthermore, the elderly with mild unilateral or bilateral knee pain had decreased knee extension strength and ADL ability compared with those without knee pain. Even in the elderly with the same knee pain, stance time, swing time, step width, swing speed, and walking speed differed between the elderly with mild and severe pain. ADL ability was compromised the most in the elderly with severe knee pain, followed by those with mild and no knee pain. It is difficult for elderly individuals with severe knee pain to perform ADL independently. However, individuals with mild knee pain can perform ADL independently despite having decreased knee extension strength. Therefore, elderly individuals with discomfort or mild knee pain should learn to cope with their condition at the earliest.

  • The mobility performance of the elderly before, during and after crossing over an obstacle Reviewed

    Masanobu Uchiyama, Shinichi Demura, Hiroki Sugiura

    Human Movement   13 ( 4 )   297 - 302   2012.12

     More details

    本研究では障害物の跨ぎ越しを含む各種移動動作局面のパフォーマンス低下の年代差を検討することを目的とした。被験者である高齢者および若年者は、障害物の設置有無のTimed Up & Goテストを実施した。その結果、高齢者は若年者に比べ、障害物直前および直後の片足立脚時間、跨ぎ越し直後の180度方向転換時間、および水平歩行時間において障害物による有意な遅延が認められた。自立歩行が可能で健常な高齢者でも、障害物を跨ぎ越す間の動作や、跨ぎ越えた後の各種動作(方向転換や歩行)が青年に比べ緩慢になる。転倒のリスクを減らす上で、跨ぎ越し直後の移動動作にも注意が必要であろう。

  • Evaluating the effects of open/closed eyes and age-related differences on center of foot pressure sway during stepping at a set tempo Reviewed

    Hiroki Aoki, Shinichi Demura, Haruka Kawabata, Hiroki Sugiura, Yu Uchida, Ning Xu, Hitoshi Murase

    Advances in Aging Research   1 ( 3 )   72 - 77   2012.11

     More details

    リハビリテーションや体力維持増進のための運動処方実施時には、各条件による効果の違い、また年代ごとの基準値が必要となる。本研究では、開閉眼条件によるその場足踏みステップ時のCOPの差およびそれらの年代差を検討することを目的とした。80歳代は、他の年代と比べ、開眼時と閉眼時では足踏みステップ時の動揺が異なる。開眼と閉眼にかかわらず、60歳代以下の年代ではステップ時のCOPに大きな違いはないが、開眼時では80歳代が70歳代以下より、閉眼時では70歳以上が60歳代以下よりも動揺が大きい。70歳あるいは80歳になると、特に閉眼時の動揺が大きい。

  • The effects of knee joint pain and disorders on knee extension strength and walking ability in the female elderly Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Advances in Physical Education   2 ( 4 )   139 - 143   2012.11

     More details

    本研究では、両膝に疼痛および疾患のない女性高齢者ならびに膝疼痛や膝疾患を有する女性高齢者を対象に膝伸展筋力および歩行能力の群間差を検討することを目的とした。膝伸展筋力は膝疼痛者および膝疾患者が膝疼痛や膝疾患のない高齢者よりも劣る。膝疾患者は、膝疼痛者および膝疼痛や膝疾患のない高齢者よりも立脚時間および歩隔が長く、歩行速度および振出速度が遅い。また、膝疼痛者および膝疾患者は、それらを有さない高齢者よりも歩幅が短い。

  • Basic studies on life circumstances and stress in persons with congenital physical disabilities using always wheelchairs Reviewed

    Yoshimasa Matsuura, Shinichi Demura, Yoshiharu Tanaka, Hiroki Sugiura

    Health   4 ( 11 )   1073 - 1081   2012.11

     More details

    身体障がい者の多くは、車いすの操作が不可能であり、自立した日常生活も困難とされている。本研究では、先天性身体障がいにより車椅子を使用している者における生活環境とストレスの関係を明らかにすることを目的とした。その結果、女性は男性よりもストレスを感じていた。また、精神的および心理的影響によるストレスレベルは女性が男性よりも高かった。殆どの者は車椅子の使用からストレスを感じており、女性は男性よりも精神的なストレスを有していることが明らかにされた。

  • Relationship between the obstacle height cognition and step movement in the elderly Reviewed

    Sohee Shin, Shinichi Demura, Tsuneo Watanabe, Haruka Kawabata, Hiroki Sugiura, Toshio Matsuoka

    Journal of Physiological Anthropology   31 ( 1 )   27   2012.10

     More details

    高齢者のリハビリテーションや体力維持増進のための運動処方実施時には、トレーニング効果の検証のためのテストが必要となる。本研究では、障害物高認知(OHC)の優劣が、操作脚の踵を前方のラインを超えて踏み出し、元の位置に戻す動作を出来るだけ速いスピードで5回繰り返すSingle leg forward step (SFS)、SFSに障害物を加えたOSFS (Obstacle-SFS)に及ぼす影響を検討することを目的とした。その結果、障害物高認知に劣る高齢者は跨ぎ越し動作が遅くなる傾向にあることが明らかにされた。

  • Effect of subjective knee joint pain on knee extension strength, gait and ADL score in the female elderly Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Gazzetta Medica Italiana   171 ( 5 )   533 - 540   2012.10

     More details

    軽度の膝疼痛を有する高齢者の割合は約20%と高いものの, 対象とした研究は少ない。本研究は、軽度の膝疼痛を有する女性高齢者における膝伸展筋力、歩容およびADL得点を検討することを目的とした。膝疼痛のない高齢者は、膝疼痛を有する女性高齢者に比べ、膝伸展筋力およびADL得点に優れ、両膝に疼痛を有する高齢者はストライドおよび歩幅も短い。軽度の膝疼痛者に着目した場合、膝疼痛は脚筋力やADLに影響を及ぼすが、歩容に影響を及ぼすのは両膝疼痛のみであることが明らかにされた。

  • Physique Iindex for Measuring Obesity in Preschool Children Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura, Sohee Shin, Kazuyo Tachibana, Ning Xu

    The Journal of Education and Health Science   57 ( 4 )   303 - 310   2012.5

  • Reliability and sex differences in the foot pressure load balance test and its relationship to physical characteristics in preschool children Reviewed

    Shigeki Matsuda, Shinichi Demura, Kosho Kasuga, Hiroki Sugiura

    Advances in Physical Education   2 ( 2 )   44 - 48   2012.5

     More details

    近年、幼児の左右および前後足圧荷重割合を簡単に評価できる測定器具が開発されているが、その測定器具から得られる変数の特徴は検討されていない。本研究は、足圧荷重バランステストの試行間信頼性、性差および体格との関係を明らかにすることを目的とした。足圧荷重バランス測定は2試行以上行うのが望ましく、3試行実施する場合、足圧荷重バランス変数は2および3試行目の平均値を代表値として利用するのが適切であることが明らかにされた。また、足圧荷重バランス変数に性差および体格差はない。

  • Sex and age-level differences of the walking time within a frame with an obstacle in preschool children Reviewed

    Kosho Kasuga, Shinichi Demura, Hiroki Aoki, Sohee Shin, Hiroki Sugiura, Yu Uchida

    Journal of Physiological Anthropology   31 ( 1 )   3   2012.4

     More details

    幼児の動的平衡性の発達を評価するテストは幾つかあるが、テストの種類や難易度により動的平衡性の発達評価は異なる可能性がある。本研究は、幼児を対象に障害物を設置した枠内歩行時間の性差および年齢差を検討することを目的とした。枠内歩行時間に性差はなかった。障害物を設置した枠内歩行時間は、4~6歳では性差がなく、4歳は5および6歳よりも長い。また、高い障害物(10cm)を設置した場合、5歳と6歳間で歩行時間が異なる。幼児の動的平衡性の評価には、高さ10cmの障害物またぎ越し歩行が有効かもしれない。

  • Assessing a personal and population fall risk profile in Japanese community-dwelling elderly Reviewed

    Susumu Sato, Shinichi Demura, Sohee Shin, Hiroki Sugiura, Yu Uchida

    Japan Journal of Test and Evaluation in Health and Physical Education   11   49 - 55   2012.3

  • Effect of subjective knee joint pain on the laterality of knee extension strength and gait in elderly women Reviewed

    Hiroki Sugiura, Shinichi Demura

    Archives of Gerontology and Geriatrics   54   366 - 369   2012.3

     More details

    本研究では、自覚的な膝疼痛を有する女性高齢者における膝伸展筋力および歩容の左右差を検討することを目的とした。自立した日常生活を営むことが可能な女性高齢者は、両膝に膝疼痛を有していても膝伸展筋力および歩容に左右差は生じない。片膝に膝疼痛がある場合、膝伸展筋力に左右差が生じるが、歩容に左右差は生じない。膝伸展筋力に左右差があっても、短い歩行距離であれば歩容に左右差は生じないことが明らかにされた。

  • Influence of degrading visual acuity from light-scattering goggles on obstacle gait Reviewed

    Shunsuke Yamaji, Shinichi Demura, Hiroki Sugiura

    Health   3 ( 2 )   99 - 105   2011.3

     More details

    高齢期には各身体機能が同時に低下するため、個々の機能の低下が歩容に及ぼす影響を明らかにすることは困難である。しかし、青年に制限を課すことにより、機能低下が歩容に及ぼす影響に関する知見が得られると考えられる。本研究は、青年における視覚機能の低下が歩容に及ぼす影響を検討することを目的とした。その結果、視覚情報を低下させることにより歩容変数は変化することが明らかにされた。また、視覚機能を低下させることで、障害物の跨ぎ越しにも影響を及ぼす。

  • Gender differences in hand grip power in the elderly Reviewed

    Shinichi Demura, Hiroki Aoki, Hiroki Sugiura

    Archives of Gerontology and Geriatrics   53   76 - 78   2011.3

     More details

    近年、高齢者の上肢の筋パワーに関して検討されている。把握パワーの測定は簡易であり、身体への負担も少ない。したがって、体力評価として有効かもしれない。本研究の目的は、高齢者における把握パワーの性差を検討することであった。その結果、把握動作に関与する主動筋の収縮速度の加齢に伴う低下は男性が女性よりも大きく、その性差は負荷の大きさに関わらず最大握力に依存することが明らかにされた。

  • Selection of useful items for fall risk screening for community dwelling Japanese elderly from the perspective of fall experience, physical function, and age level differences Reviewed

    Shinichi Demura, Takayoshi Yamada, Masanobu Uchiyama, Hiroki Sugiura, Hiroshi Hamazaki

    Archives of Gerontology and Geriatrics   53   123 - 130   2011.3

     More details

    転倒経験、身体機能レベルおよび年齢差を含んだ様々な背景から、地域の在宅高齢者の転倒リスクのスクリーニングに役に立つ項目を検討することを目的とした。調査対象は1317名の高齢者であり、80項目の質問に回答した。統計解析により選択された40項目は、既存の調査票と比較して健康な高齢者の転倒危険性を包括的に、適切に評価することができる可能性が示唆された。

  • The effect of ladder exercises on the sprint ability of preschool children Reviewed

    Kazuyoshi Miyaguchi, Shinichi Demura, Hiroki Sugiura

    Japan Journal of Test and Evaluation in Health and Physical Education   10   11 - 19   2011.3

  • Evaluation of Balance Ability Using Center of Pressure Sway during Static One-legged Stance after Single-legged Landing from a Plarform Reviewed

    Masakatsu Nakada, Shinichi Demura, Hiroki Sugiura, Yu Uchida

    The Journal of Education and Health Science   56 ( 3 )   261 - 266   2011.2

  • Lower limb laterality characteristics based on the relationship between activities and individual laterality Reviewed

    Shinichi Demura, Susumu Sato, Hiroki Sugiura

    Gazzetta Medica Italiana   169 ( 5 )   181 - 191   2010.10

     More details

    「利き側」には脳や神経系が関与している。上肢には優先的に使用する「利き側」が存在するが、下肢に関する報告は少ない。本研究はλ‐LQ関係に基づき、下肢動作の使用足と利き足判定の関係から側性特性について検討することを目的とした。いくつかの動作の中で、体支持系動作では「片脚ジャンプする際の脚」および「椅子の上に最初に置く脚」、操作系動作では「ボールを蹴る脚」および「物を踏みつける脚」の左利き者判別の精度は高かった。これら4動作により、左利き者判別が可能とであることが示唆された。

  • Examining the Relationship between Flioating-Toes and Physical Fitness in Preschool Children Reviewed

    Shigeki Matsuda, Shinichi Demura, Kosho Kasuga, Hiroki Aoki, Sohee Shin, Hiroki Sugiura

    The Journal of Education and Health Science   56 ( 2 )   119 - 127   2010.10

  • The effect of various warming up methods on ankle ROM and toe tapping performance Reviewed

    Takanori Noguchi, Shinichi Demura, Hiroki Aoki, Sohee Shin, Hiroki Sugiura, Yu Uchida

    The Journal of Education and Health Science   56 ( 2 )   146 - 152   2010.10

     More details

    本研究では、種々のウォーミングアップが生体に及ぼす生理学応答を明らかにするため、足関節可動域およびタッピングに及ぼす影響を比較した。被験者20名が6つの条件(安静、PL照射(E1)、軽運動(E2)、ストレッチ(E3)、E3+E1、E3+E2)に参加し、その前後で足関節可動域とタッピングを測定した。受動的刺激でも足関節可動域は向上するが、タッピング動作は軽運動による筋への直接的な刺激においてのみ向上することが明らかにされた。

  • Research on Relation between habit in the elderly of exercise and to form Will of Life: From the result of the user investigation of Oita Social Insurance Center

    Yuichi Taniguchi, Yuki Ida, Yuko Kato, Sachi Kushiku, Takahiro Kubo, Kimitsugu Shimoda, Hiroki Sugiura

    8   41 - 52   2008.3

▼display all

Works

  • Prototype-construction of a PC operated choice reaction time measurement system

    Masahiro Osogami, Hiroki Sugiura, Takanori Noguchi, Yoshinobu Yoshimura, Tomohisa Yokoya

    Partaker

    2019.12