Updated on 2021/05/27

写真a

 
Masahiro Osogami
 

Degree

  • Doctor of Engineering   Thesis ( 2012.9   Fukui University of Technology )

Research Interests

  • Automatic Program Generation

  • Petri Nets

  • Firing Count Vector

Research Areas

  • Informatics / Theory of informatics

Education

  • University of Fukui   Electrical Engineering   Graduated

    1984.4 - 1988.3

  • Fukui University of Technology   Electrical Engineering   Master's Course   Completed

    1993.4 - 1995.3

Research History

  • Fukui University of Technology   Professor

    2016.4

  • IBM of Japan corporation   Technical Support Staff

    1988.4 - 1991.1

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2009.4 - 2015.3

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2012.4

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2013.4

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2015.4 - 2016.3

▼display all

Professional Memberships

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

    1995.3

Qualification acquired

  • High School Teacher Specialization License

  • First Kind of High School Teacher License

 

Papers

  • Effects of GUI-based Programming Learning before CUI-based Programming Learning: Toward Continuous Learning in Computer Programming Reviewed

    Masahiro Osogami and Kazumasa Ohkuma

    Proc. of The 18th International Conference on Information Technology Based Higher Education & Training (ITHET 2019), in Magdeburg, Germany, September 26-27, 2019, ID-114, 978-1-7281-2464-3, 2019 IEEE, 2019.12.   2019.12

     More details

     本論文では,プログラミング教育における,継続的学習について,初学者に対し行われている多くのGUI環境から,スムーズにCUI環境での学習へ移行するための1つの方法の提案と,その試行結果について,毎時の理解度調査のアンケート結果の解析から,効果の考察を行っている.
     その結果,単元ごとに対応させたGUIとCUIの各コンテンツについて,CUIの前に実施したGUIの学習について,一部,例外は見られるものの,事前のGUI学習の効果が確認できた.

  • Case Report on the Characterristics of the Congnitive Function of Expert Equestrains

    ( 49 )   149 - 153   2019.12

  • Motivation Effects of Using Actual Robots Controlled by the Scratch Programming Language in Introductory Programming Courses Reviewed

    Kazumasa Ohkuma, Masahiro Osogami, Naoki Shiori and Kazutomi Sugihara

    The International Journal of Engineering Education   Vol.33 ( Num.2(A) )   575 - 587   2017.4

     More details

     本論文では,プログラミング初学者に対し,実機ロボット制御を行いその動きを確認した場合と,実機ロボット制御を伴わずコンピュータディスプレィ上のみで確認した場合における,教育的効果の違いについて,アンケートの解析結果より検証を行った.
     用いた環境は,文法をあまり意識せずプログラミングが行えるScratchを用いており,Scratchの中だけでの動きの確認と,Scratchで作成した動きに連動する実機ロボットの動きの確認とに分けて行った.
     結果,実機ロボット制御を伴うプログラミング学習のほうが高い教育効果が表れることが明らかになった.

  • The Practice of Programming Education by Controlling Actual Robots Using Scratch Reviewed

    Vol.2 ( No.2 )   76 - 84   2016.10

  • Development of Educational Programming Material with Actual Robots Controlled using Scratch Reviewed

    Masahiro Osogami, Kazumasa Ohkuma, Kazutomi Sugihara

    Proc. of International Conference on Advanced in Computer Engineering & Science(ICACES 2016), in Hamburg, Germany, September 4-5, 2016, pp. 13-23.   2016.9

     More details

    In this study, we propose a programming material for controlling actual robots using Scratch developed at MIT. By using actual robots and Scratch, it is possible to eliminate the steps of program syntax learning, and also to learn algorithms that are more important for programming education. Additionally, we could show the improvement of learning effects through questionnaire analysis results of high school students' experience in lessons using this material.

  • Effects in Introductory Programming Education with Actual Robots using Scratch Reviewed

    Masahiro Osogami, Kazumasa Ohkuma, Kazutomi Sugihara, Teruya Yamanishi and Katsuji Uosaki

    Proc. of the 3rd International Conference on Computer Supported Education (COSUE '15), in Michigan State University, East Lansing, MI, USA, September 20-22, 2015, pp. 21-24.   2015.9

     More details

    Scratchと呼ばれるプログラミング環境を利用した,実機ロボット制御を伴うプログラミング学習教材を試作し,それを利用したプログラミング導入授業の中で行ったアンケート解析結果から,開発した教材の評価を報告する.
    この授業では,視覚的にアルゴリズムを理解しながらプログラミングが行えるScratchを用いることで,アルゴリズム重視のプログラミング教育を行うだけでなく,授業で作成したプログラムによる実機ロボット制御を伴うことで,受講者に達成感を与え,受講した生徒達の情報通信技術に関する興味・関心を向上させることが分かった.

  • Effects in Programming Education with Actual Robots Control Using Scratch

    ( 45 )   211 - 218   2015.7

  • A Method to Obtain Particular Solutions using Modified Fourier Motzkin Method in P/T Petri Nets

    Masahiro Osogami and Teruya Yamanishi and Katsuji Uosaki

    Proc. of NOLTA 2014, in Luzern, Switzerland, September 14-18,2014, pp.692-695   2014.9

     More details

    離散事象システムのモデル化に有効とされているぺトリネットのうち、P/Tペトリネットにおける特解導出法の1つであるFourie-Motzkin法におけるアルゴリズムを改良することで、従来のアルゴリズムでは導出できなかった解の一部が新たに導出できることを示した。

  • Efforts for Information Ethics Education at Information System Center

    Kazutomi SUGIHARA,Kazumasa OHKUMA, Masahiro OSOGAMI, Takeshi IKEDA

    337 - 346   2014.5

  • A Method for Reachability Problems of P/T Petri Nets using Algebraic Approach Reviewed

    Masahiro Osogami and Teruya Yamanishi and Katsuji Uosaki

    Proc. of NOLTA 2013, in Santa Fe, USA, September 8-11, 2013, pp.475-478   2013.9

     More details

    離散事象システムのモデル化に有用とされているペトリネットのうち、P/Tペトリネットにおける、発火回数ベクトルの導出法において、通常T-インバリアントの導出に用いられるFourie-Motzkin法を用いて、特解、および、T-インバリアントの両方を導出する方法について述べるとともに、そのアルゴリズムがそのまま、初等的な特解とTインバリアントを用いて、任意の可到達な発火回数ベクトル解を表現するための展開係数の導出にも応用できることを示す。

  • Toward Clarification of Control Algorithm for Micro-Robot - as a teaching material for embedded systems -

    2 ( 42 )   610 - 619   2012.6

  • A Method of Input-Output Conditions for Automatic Program Generation Using Petri Nets Reviewed

    M.Osogami, T.Yamanishi and K.Uosaki

    Proc. of The SICE Annual Conference 2011, in Tokyo, pp. 2415-2420.   2011.9

     More details

    プログラムの生産性向上のひとつとして、再利用可能なモジュールを組み合わせ、品質の保証されたプログラムを合成する、いわゆるプロぐら未の自動合成技術が上げられる。この研究の一環として、従来よりその試作システムであるMAPPの構築を行ってきているが、ここでは、プログラム合成における、モジュールのリンク時に、各モジュールごとに持たせた入出条件のチェックが、必要であるが、そこにペトリネットの可到達性判定条件を適用する手法を提案しており、さらに、その検証も行い、それらの報告を行っている。

  • Input-Output Conditions for Automatic Program Generation Using Petri Nets Reviewed

    M.Osogami, T.Yamanishi and K.Uosaki

    Proc. of The KES2011, in Germany, Part I, LNAI 6881, pp. 296-305.   2011.9

     More details

    急速な情報化社会の進展において、プログラムの生産性向上のための技術が必要とされており、各方面においてこれらの研究がなされてきている。そのひとつとして、プログラムの自動合成技術が上げられる。これは、再利用可能なモジュールを予めライブラリ等に準備しておき、必要に応じそれらを組み合わせることで、品質の保証された目的のプログラムを合成する手法である。我々もこの研究の一環として、従来よりその試作システムであるMAPPの構築を行ってきている。
    ここでは、プログラム合成における、モジュールのリンク時に、各モジュールごとに持たせた入出条件のチェックに対し、ペトリネットの可到達性判定条件を適用することができないか検証を行っている。

  • Reachability Judgment in P/T Petri Nets by Approximate Algebraic Approach Reviewed

    Matsumoto,Osogami and Moro

    Proc. of The 9th WSEAS International Conference on SIGNAL PROCESSING, ROBOTICS and AUTOMATION, ISPRA'10, in Cambridge, UK, pp. 318-322.   2010.2

     More details

    P/Tペトリネットにおける可到達性を考える際、状態方程式Ax=bのx(非負整数解)のうち、発火回数を限定した解xについて代数的に論ずる。

  • On Paticular Solutions for State Equation of Autonomous Continuous Petri Nets Reviewed

    Matsumoto,Osogami and Moro

    Proc. of The 2008 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, NOLTA'08, in Budapest, Hungary, pp. 668-671.   2008.9

     More details

    ハイブリッドシステムのモデル化において、拡張ペトリネットの一つである、従来の非負整数値のトークンの扱いを拡張したハイブリッドペトリネットを考え、その中で従来の非負整数ではない、連続値をもつトークンを考え、その状態方程式の解法について、Fourie-Motzkin方が適用できないか検討を行っている。

  • How to Obtain Coeffecients for a Firing Count Vector Expanded by T-Invariants and Particular Solutions in P/T Petri Nets Reviewed

    Matsumoto,Moro and Osogami

    Proc. of The 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, NOLTA'06, in Bologna, Italy, pp. 407-410.   2006.9

     More details

    P/Tペトリネットにおいて、Tインバリアントと特解から、発火回数ベクトルを求めるための展開係数が、Tインバリアントを求める際のアルゴリズムと同等のもので求まることを示す。

  • A Method of Automatic Program Generation using Informal Procedure Call Sentences Reviewed

    Osogami

    Proc. of ACIS -SNPD'01, pp.969-976.   2001.8

     More details

    プログラムの生産性向上を図るため、プログラムの自動合成についての研究が各方面で行われているが、その一環として、本研究では自然言語表記を用いた概略仕様から、プログラムを自動合成する試作システム、MAPPの構築を行っている。前回の報告では、プログラムの全体像を目で確認しながら、すなわち作成中の概略仕様から構造化図を表示し、なおかつ、完成した概略使用から目的のプログラムを自動合成する手法について報告してきたが、今回の報告では、新たに、自動合成の際、仕様に漏れがあった場合、システムが自動的に必要なモジュールを補填し目的のプログラムを合成する、自動補填について報告するとともに、MAPPのユーザーインターフェースにもmenu選択方式を取り入れるなどの改良も行っており、これらの報告もあわせて行っている。

  • A Method of Automatic Program Generation and Stractured Diagram using Informal Procedure Call Sentences Reviewed

    Osogami

    Proc. of IASTED -SEA'99, pp.104-108.   1999.10

     More details

    プログラムの生産性向上を図るためプログラムの自動合成についての研究が各方面で行われているが、その一環として、本研究では自然言語表記を用いた概略仕様から、プログラムを自動合成する試作システム、MAPPの構築を行っている。今回の報告では、プログラムの全体像を目で確認しながら、すなわち作成中の概略仕様から構造化図を表示し、なおかつ、完成した概略使用から目的のプログラムを自動合成する手法について報告するとともに、自動合成の際、仕様に漏れがあった場合、システムが自動的に補填し目的のプログラムを合成する、自動補填の考えを取り入れており、その報告も行っている。

  • A Method of Automatic Program Designing and Soft and Code Generation using Informal Procedure Call Sentences Reviewed

    Osogami, Nishida

    Proc. of IASTED -ASC'98, pp.161-164.   1998.5

     More details

    あらかじめライブラリに登録してある再利用可能なモジュールについて、自然言語を(日本語)を用いた概略使用から、必要な機能、型等を考慮しつつ、効率的にモジュールを組み合わせて、目的のプログラムを作成する、プログラム自動合成システムMAPPを構築し、その報告を行っている。

  • Initial-Marking Based Liveness on Dissynchro nous Choice Petri Nets Reviewed

    Matsumoto,Koido and Osogami

    Proc. of The 1996 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, in Seoul, pp.713-716.   1996.7

     More details

    コンフュージョンを持つペトリネットにおける構造活性を考え、その必要十分条件を挙動的トラップを導入し求める研究。

▼display all

Presentations

  • Effects of introducing actual-robot controls in programming experience classes for high school students

    Kazumasa OHKUMA, Masahiro OSOGAMI and Kazutomi SUGIHARA

  • Effects of introducing acual-robot controls in programming experience classes for high school students based on classification of respondents

    Kazutomi Sugihara, Masahiro Osogami and Kazumasa Ohkuma

  • Development of Programming Learning Environment using Scratch and its Evaluation

    Masahiro OSOGAMI, Kazumasa OHKUMA and Kazutomi SUGIHARA

  • A Method for Finding Expansion Coefficients to Represent a Firing Count Vector in P/T Petri Nets

    Masahiro OSOGAMI, Teruya YAMANISHI, Katsuji UOSAKI

  • Building Robot-controlled environment with Scratch

    Naoki SHIORI, Kazumasa OHKUMA,Teruya YAMANISHI, Kazutomi SUGIHARA, Masahiro OSOGMI

  • Relationships between Structure and Behavior of Partially Ordered Petri Nets and their Typical Sub-classes: Liveness Conditions, - Part I -

    Tadashi MATSUMOTO, Hiroshi OHNO and Masahiro OSOGAMI

    SICE, 第19回離散事象システム研究会  計測自動制御学会

     More details

    極小/極大のデッドロック、トラップと、POC固有の構造の関係に基づいた、AC∩DCネットの極小デッドロックにおけるローカルな活性に関する研究。

▼display all

Works

  • Prototype-Construction of a PC Operated Choice Reaction Time Measurement System

    Masahiro OSOGAMI, Hiroki SUGIURA, Takanori NOGUCHI, Yoshinobu YOSHIMURA and Tomohisa YOKOYA

    Representative

    2019.12
 

Teaching Experience

  • Research for Graduation

    Institution:Fukui University of Technology

  • Software Engineering

    Institution:Fukui University of Technology

  • Practice in Programming I

    Institution:Fukui University of Technology

  • Program language and processing

    Institution:Fukui University of Technology

  • Practice in Programming II

    Institution:Fukui University of Technology

  • Theme Study

    Institution:Fukui University of Technology

  • Environmental and Information Sciences Exercise III

    Institution:Fukui University of Technology

  • Environmental and Information Sciences Exercise I

    Institution:Fukui University of Technology

  • Database I

    Institution:Fukui University of Technology

  • Base of Environmental and Information Sciences Exercise

    Institution:Fukui University of Technology

  • Technical Writing

    Institution:Fukui University of Technology

  • Presentation

    Institution:Fukui University of Technology

▼display all