Updated on 2021/05/27

写真a

 
Toshihiro Kasai
 

Degree

  • Doctor (Engineering)   Coursework ( 1995.3   Yamaguchi University )

Research Interests

  • Life Cycle Assessment

  • Rainwater harvesting

  • Environmental education

Research Areas

  • Environmental Science/Agriculture Science / Environmental policy and social systems

  • Environmental Science/Agriculture Science / Environmental impact assessment

  • Humanities & Social Sciences / Science education

  • Environmental Science/Agriculture Science / Conservation of biological resources

Education

  • Yamaguchi University   Department of Mining and Mineral Engineering   Graduated

    1986.4 - 1990.3

  • Yamaguchi University   Master Cource of Mining and Mineral Engineering   Doctor's Course   Completed

    1990.4 - 1992.3

  • Yamaguchi University   Doctoral Cource of Materials Science and Engineering   Doctor's Course   Completed

    1992.4 - 1995.3

Research History

  • Nippon Bunri University   Research Assistant

    1995.4 - 1996.3

  • Nippon Bunri University   Lecturer

    1996.4 - 2001.3

  • Fukui University of Technology   Lecturer

    2001.4 - 2008.3

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2008.4 - 2015.3

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2012.4

  • Fukui University of Technology   Professor

    2015.4

▼display all

Professional Memberships

  • The Resources Processing Society of Japan

    1990.10 - 2004.5

  • The Mining and Materials Processing Institute of Japan

    1992.1 - 2004.6

  • Japanese Society of High Technology in Agriculture

    1998.6 - 2001.8

  • Japan Society on Water Environment

    2001.1 - 2001.8

  • Japan Rainwater Catchment Systems Association

    2008.6

  • The Institute of Life Cycle Assessment

    2008.6

  • The Japanese Society of Environmental Education

    2010.10

  • Architectural Institute of Japan

    2012.12

▼display all

Qualification acquired

  • Registered Real Estate Transaction Manager

  • Crane Motorman

  • Specified Chemical Substances Work Chief

  • Person in Charge of Security Handling Explosives (first and second kind)

  • Septic Tank Management Person

  • Vehicle System Construction Machinery (fundamental construction) Driving Skill Person

  • Hypoxia Danger Work Chief Person (first and second kind)

  • X-ray Work Chief Person

  • Electrical Work Person (second kind)

  • Certified Assistant to Surveyor

  • Small Craft Control Person

  • Hazardous Material Handler (first kind)

  • Movable Crane Motorman

  • Organic Solvent Work Chief Person

  • Shovel Loaders Driving Skilled Person

  • Non-leveling Truck Driving Skilled Person

  • Gas Welding Work Chief Person

  • Hang Up and Remove Work Skill Person

  • Forklift Driving Skilled Person

  • Height Work Car Driving Skilled Person

  • Tow License (first kind)

  • Large-Scale Special Motor Vehicle License (first kind)

  • Vehicle System Construction Machinery (dismantlement) Driving Skill Person

  • Vehicle System Construction Machinery (leveling, transportation, loading and digging) Driving Skill Person

  • MOUS (Word/advanced,genera)

  • MOUS (Excel/advanced,genera)

  • High School Teacher Specialization License

  • Large-Scale Car License (first kind)

▼display all

 

Papers

  • Removal of Arsenic Ion with Manganese Oxide Compounds(査読付) Reviewed

    T. Kasai and H. Koyanaka

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   27 ( 2 )   463 - 466   2002

     More details

    Mn化合物にBi化合物を添加して焼成し、水溶液中のヒ素に対する吸着剤を合成した。最大吸着量は50mg/gに達し、さらにpH依存性、実ヒ素廃水への適用、脱着による繰返し利用の可否について検討した。その結果、これまでのヒ素吸着剤と比較して遜色のない結果が得られた。さらに、実用化に向けた研究として、カラム法やパック法による水溶液中ヒ秦の吸着除去試験と再生利用についての検討を行った。その結果、これらの方法によって1~20mg/lヒ素含有水から連続的にヒ素を除去できた。

  • The Effect of High Voltage Interchange Electric Field Processing in the Water Culture of Lactuca sativa L.(査読付) Reviewed

    T. Kasai and T. Noma

    Memories of Fukui University of Technology   32   241 - 246   2002

     More details

    近年関心が高まりつつある機能水について、その機能性を発現するメカニズムを解明するための基礎データの蓄積と効果の確認を行った。高電圧交流電場処理を行った水を使ったサラダナの水耕栽培において、最大で乾燥重量が36%増加し、生育促進の効果を確認した。また、処理を行った水の1450nm付近の近赤外スペクトルに処理時間に伴って規則的な変化がみられ、処理によってより高温型のクラスター構造に変化していることがわかった。

  • Hydration Enthelpies of Synthetic Na-A, Cation-exchanged-A and Some Natural Zeolites for Evaluating as Heat Exchange Absorbents(査読付) Reviewed

    T. Mizota, K. Matsui, T. Kasai and N. Nakayama

    Thermochimica Acta   266   331 - 341   1995

     More details

    赤泥廃液からNa-A型ゼオライトを合成し、合成したNa-A型ゼオライトと、陽イオン交換したゼオライトの水蒸気吸着熱を断熱型水蒸気吸収熱量計によって測定した。100℃で脱水した、Mg交換A型ゼオライトは、65.1kJ/molの水和エンタルピーと14.7%の脱水率を示した。Mg-A型ゼオライトは、100℃で脱水した他のゼオライトの中で最も効率的なヒートポンプメディアになると考えられる。

  • Hydration Enthalpy for Synthetic and Cation Exchanged A-type Zeolites with Special Reference to Zeolite Heat Pump Media(査読付) Reviewed

    T. Kasai, H. Maeda, K. Matsui, D. F. Kurnia, N. Nakayama and T. Mizota

    Mineralogical Journal   17 ( 4 )   170 - 180   1994

     More details

    赤泥の上澄み液を用いて合成したA型ゼオライトに対し、数種の陽イオンでイオン交換を行い、それぞれの水和熱測定を行った。Na-A型ゼオライトの水蒸気吸着熱を測定し、ヒートポンプへの適応に関する研究を行った。A型ゼオライトは天然ゼオライトに対して約2倍の吸着熱量を示す。特にMgでイオン交換したMg-A型ゼオライトは、100℃で脱水した場合65.1kJ/molもの吸着熱量を示し、ヒートポンプに適することが分かった。

  • Synthesis and Characterization of Zeolites from Alkali Solution Wasted from Bauxite Processing(査読付) Reviewed

    T. Kasai, H. Maeda, K. Matsui, S. Gondou, T. Mizota and K. Takahashi

    Proc. of the MMIJ/Aus IMM Joint Symposium   251 - 258   1994

     More details

    アルミ製錬工程であるバイヤー法からは強アルカリ性の廃液を含む、赤泥が多量に排出される。本研究では、廃液中に比較的多くのAlが含まれていることから、ケイ酸分を添加して105℃でゼオライトの合成をおこない、その物性について調べた。合成されるゼオライトには、モルデナイト系のA型、X型の他、アナルサイムやソーダライトが含まれていた。ケイ酸分の添加量や種結晶の添加により生成されるゼオライトは変化し、合成条件と生成物の関係を明らかにした。

  • Waste Materials Utilization of Red Mud from Bayer Process, Recovery of Rare Metals and Zeolite-synthesis(査読付) Reviewed

    T. Kasai,T. Mizota and K. Takahashi

    Proc. Mat. for Properties, H. Henein and T. Oki eds.   165 - 168   1993

     More details

    バイヤー工程で排出される赤泥は、固体部分である赤泥固体と強アルカリ性の上澄み液に分けることができる。赤泥固体中には、TiやZr等の有用金属が含まれ、本研究では酸浸出による残差中への有用金属の濃縮について研究を行った。また、強アルカリ性の上澄み液には比較的多くのAlが含まれ、それにケイ酸ナトリウムを添加することによってA型、X型等のゼオライトが比較的簡単に合成できることが分かった。

▼display all

Presentations

  • 長崎県五島列島赤島における離島振興に向けた環境教育プログラムの実践

    近藤晶,笠井利浩

    地域活性学会第10回研究大会  地域活性学会

     More details

    2017年度から開始した「赤島活性化プロジェクト」では,国内では貴重な全生活用水を雨水に依存する雨水活用事例として赤島を取り上げ,赤島を舞台に雨水を水源とした小規模給水システムの構築を目指している。本報では,赤島の持続可能な活性化手法の一つとして水の環境教育の可能性と実践事例を紹介した。

 

Teaching Experience

  • Introduction to Computer Technology

    Institution:Fukui University of Technology

  • Research for Graduation

    Institution:Fukui University of Technology