Updated on 2021/05/27

写真a

 
Funakoshi Tatsuya
 

Research Interests

  • Sports Management Sports Marketing

Research Areas

  • Life Science / Sports sciences

Education

  • National Institute of Fitness and Sports in Kanoya   Department of Physical education and Sports   Graduated

    1984.4 - 1988.3

  • Osaka Kyoiku University   Master's Course   Completed

    2008.4 - 2010.3

Research History

  • Osaka International University   Associate Professor

    2011.4 - 2020.3

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2020.4

Professional Memberships

  • Asian Forum the next generation of the Social Science of Sport

    2013.8

Qualification acquired

  • Junior High School Teacher Specialization License

  • High School Teacher Specialization License

 

Presentations

  • 高校ラグビーOB大会におけるスポーツ再社会化効果と課題について

    舩越達也

    アクティブエイジング研究センター設立記念シンポジウム  神戸大学アクティブエイジング研究センター

     More details

    学生時代のスポーツ競技経験者に対する競技復帰に向けた機会を提供するスポーツイベント参加者に行った意識調査の結果について報告をした。参加者を日常からラグビーの競技実施をしている「復帰定着群」、本大会のみの出場者「復帰途上群」、今回初めて大会出場した「潜在復帰群」に分類して比較したが、それぞれの群において「参加理由」「参加に必要な条件」「参加を阻害する条件」などを群別に比較をすることでの意識傾向の違いについて考察した。

  • A study about the service to a beginner runner by race operator in a local marathon race. -Event participant survey in “the Katano charity marathon 2015”- International conference

    R, Funasaki M, Kishimoto T, Funakoshi

    The 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport 

     More details

    2015年4月に開催された「交野市チャリティマラソン」における大会参加者に対して調査を行った結果について報告した。
    特に大会開催エリアに住む新規参加者に注目をして、彼らのレース参加に関する意識(参加理由、満足度、今後の参加意思)について交野市民とそうでない者を比較した。

  • A study about the event evaluation by the participant in a local marathon race. -Event participant survey in “the Neyagawa half marathon 2013”- International conference

    Y.Tokunaga, N.Uchida, Y.Ogata, T.Funakoshi

    The 3rd Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport 

     More details

    2013年3月に開催された「寝屋川ハーフマラソン」における大会参加者に対して調査を行った結果について報告した。
    参加者の性別やマラソンレースの出場経験の有無、次回大会への参加意思の有無といった3つの視点によって、大会に対する満足度にどのような違いが見られるのか比較検証を行った。
    その結果、次回の大会参加意志とレース出場経験の違いは満足度に対して影響が見られたが、性別による違いでは有意な差は見られなかった。

  • A study about the relation of a marathon meeting participant's sport enforcement situation, a participating motive, and a future participating intention. -Participant research in “the Neyagawa half marathon 2013”- International conference

    Y.Ogata, A.Nagao, Y.Tokunaga, T.Funakoshi

    The 2nd Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport 

     More details

    2013年3月に初めて開催された「寝屋川ハーフマラソン」における大会参加者に対して調査を行った結果について報告した。
    初めての大会実施における参加者の属性を把握するとともに、参加者の参加動機を中心に意識調査を行った。その結果、出場者の過去や現在のスポーツ実施状況と今大会への参加動機が参加者の今後の出場意思に対して影響を与えている実態について、その有意な関連性がみられた。