2021/05/27 更新

写真a

ナカミチ マサノリ
中道 正紀
NAKAMICHI Masanori

学位

  • 博士(工学)   課程 ( 2014年3月   福井工業大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻 )

研究キーワード

  • Control engineering

  • 制御工学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学

学歴

  • 金沢大学   工学部   情報システム工学科   卒業

    2000年4月 - 2004年3月

  • 福井工業大学   工学研究科   電気工学専攻   博士課程   修了

    2011年4月 - 2014年3月

経歴

  • 福井県警察   警察官

    2005年4月 - 2008年6月

  • 福井工業大学   電気電子情報工学科   講師

    2014年4月 - 2015年3月

  • 福井工業大学   大学院工学研究科応用理工学専攻博士前期課程   講師

    2014年4月 - 現在

  • 福井工業大学   工学部 電気電子工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

所属学協会

  • 計測自動制御学会

  • 電子情報通信学会

  • システム制御情報学会

 

論文

  • 肺エラスタンス推定におけるファジィ変数最適化手法の改良

    金江 春植

    福井工業大学 研究紀要   ( 45 )   31 - 38   2015年7月

     詳細を見る

    本研究は、システム同定によって患者の肺特性である肺内圧力を推定し、人工呼吸器設定にフィードバックする手法を開発している。本論文では、患者の肺特性をファジィモデルにおいて表現しており、それに係るファジィ変数を最適化する手法を提案している。

  • Estimation of the Pulmonary Elastance Using a Recursive Parameter Estimation Method and Setting of the Ventilation Condition Using Fuzzy logic 査読

    Masanori NAKAMICHI, Shunshoku KANAE

    システム制御情報学会誌 システム/制御/情報   58 ( 12 )   469 - 475   2014年12月

     詳細を見る

    The purpose of this study is to develop a method to estimate human pulmonary characteristic and to set a ventilation condition of the artificial respirator.
    Systematic technique for setting the ventilation condition of the artificial respirator is not develop.
    The artificial respirator is set based on the experience and the intuition of the doctor. Our study attempts to solve this problem. Firstly, this study estimates a pulmonary characteristic using a measurement data of the patient. Then, the artificial respirator is set using estimated pulmonary characteristic.
    These processes are carried out using a fuzzy logic.
    By using same logic for all processes, we will expect the information sharing of each process.

  • 繰返し最適化法による肺エラスタンスの推定精度の改善

    中道 正紀, 金江 春植

    福井工業大学 研究紀要 第44号   ( 44 )   39 - 46   2014年6月

     詳細を見る

    The characteristic of pulmonary is comprised of the pulmonary internal pressure and the pulmonary volume. However, we do not understand the pulmonary internal pressure, because it cannot measure the pulmonary internal pressure by the respirator. Then, the characteristic of pulmonary is different, and the setting of the respirator is decided by the experience and the perception of the doctor now.
    Therefore, the suitable setting of ventilation conditions is needed for every patient. The static P-V curve expresses the characteristic of human lungs, and that is needed for the parameter setting of the respirator. Purpose of this study is to develop a method to estimate the static P-V curve and the pulmonary elastance of the patient. In our previous work, we proposed technique that separated parameters estimation procedure of the pulmonary elastance and parameters estimation procedure of the other terms.
    In this paper, a recursive estimation method of the pulmonary elastance model's parameters is addressed to improve the accuracy of estimation model. Some examples by using practical clinic data are given to show the effectiveness of addressed method.

 

担当経験のある授業科目

  • 実践工学演習基礎・Ⅰ~Ⅲ

    機関名:福井工業大学

  • 電気電子工学実験

    機関名:福井工業大学

  • 電子回路

    機関名:福井工業大学

  • 電気製図

    機関名:福井工業大学

  • 電気電子CAD

    機関名:福井工業大学

  • 制御工学

    機関名:福井工業大学

  • 制御工学特論

    機関名:福井工業大学

  • テクニカルライティング

    機関名:福井工業大学

  • プレゼンテーション

    機関名:福井工業大学

  • キャリアデザイン

    機関名:福井工業大学

  • キャリアゼミ

    機関名:福井工業大学

  • 課題研究

    機関名:福井工業大学

  • 創造科学

    機関名:福井工業大学

▼全件表示