2021/04/08 更新

写真a

オザキ ヨシヒコ
尾崎 禎彦
Yoshihiko Ozaki

学位

  • 工学士   課程 ( 1974年3月   東京大学 )

  • 工学博士   論文 ( 1989年11月   東京大学 )

研究キーワード

  • 波動計測/イメージング

  • ヒューマンマシンシステム

  • エネルギーマネージメントシステム

  • -Nuclear power plant instumentation & control system

  • Wave measurement & imaging system

  • Human machine interface system

  • Energy management system

  • 原子炉計装/診断

研究分野

  • エネルギー / 原子力工学

学歴

  • 東京大学   工学部   原子力工学科   卒業

    - 1974年3月

経歴

  • 三菱電機株式会社   先端技術総合研究所   電力社会システム技術部長

  • 三菱電機株式会社   電力システム事業所   主管技師長

  • 三菱電機株式会社   先端技術総合研究所   主席研究員

  • 福井工業大学   大学院工学研究科応用理化学専攻修士課程   教授

    2010年4月 - 2012年3月

  • 福井工業大学   大学院工学研究科応用理化学専攻博士後期課程   教授

    2010年4月 - 2012年3月

  • 福井工業大学   工学部 原子力技術応用工学科   教授

    2010年4月 - 現在

  • 福井工業大学   大学院工学研究科応用理工学専攻博士前期課程   教授

    2012年4月 - 現在

  • 福井工業大学   大学院工学研究科応用理工学専攻博士後期課程   教授

    2012年4月 - 現在

▼全件表示

所属学協会

  • 日本原子力学会

  • 電気学会

 

論文

  • シビアアクシデント発生時におけるBWRプラント挙動の基礎的研究(2) 査読

    「尾崎 禎彦、上田 将正、佐々木 一」

    福井工業大学研究紀要   ( 46 )   148 - 159   2016年4月

     詳細を見る

    BWR主給水系配管に冷却材漏洩事故(LOCA)が発生したにも拘らず非常用炉心冷却設備(ECCS)注入に失敗するというシビアアクシデント(SA)、及び、全交流電源喪失(SBO)事故発生に伴う炉内圧力変動に呼応して開閉することで炉内圧力を安定に保つために作動した蒸気安全逃し弁(SRV)の再閉失敗、すなわち開固着というSAを取り上げ、BWRプラントシミュレータ実験により、SA発生後のプラント動特性評価検討を行った。

  • シビアアクシデント発生時におけるBWRプラント挙動の基礎的研究(1) 査読

    尾崎 禎彦、上光 伸吾、堂後 光史

    福井工業大学研究紀要   ( 45 )   304 - 315   2015年4月

     詳細を見る

    従来は想定外事象として看做されていた過酷事故としてのシビアアクシデント発生下でのBWRプラント挙動について、BWR動特性シミュレータを用いて解析評価した。シビアアクシデントとして、BWR主蒸気系あるいは再循環系配管での冷却材喪失事故(LOCA)ガ発生したにも拘らず非常用炉心冷却に失敗事故を想定した。主蒸気系の場合は30分後の代替注水により炉心損傷は免れるが、再循環系の場合は炉心損傷が免れない。しかし、いずれの場合も格納容器健全性は確保されていることが分かった。

  • シビアアクシデント発生時におけるPWRプラント挙動の基礎的研究(1) 査読

    尾崎 禎彦、井田 将馬、中村 真也

    福井工業大学研究紀要   ( 45 )   293 - 303   2015年4月

     詳細を見る

    従来は想定外事象と看做されていた過酷事故としてのシビアアクシデント発生下でのPWRプラント挙動をPWRプラント動特性シミュレータを用いて解析評価した。対象シビアアクシデントは、1次冷却系統配管破断による冷却材喪失事故(LOCA)が発生したにも拘らず非常用炉心冷却系統(ECCS)が作動しなかった場合を想定した。30分後の代替注水により、燃料損傷は免れないものの格納容器の健全性などは担保されることが分かった。

  • シビアアクシデント発生時におけるPWRプラント挙動の基礎的研究 査読

    「尾崎禎彦」「前拓也」「南宏樹」

    福井工業大学研究紀要   ( 44 )   260 - 271   2014年4月

     詳細を見る

    シビアアクシデントとして全交流電源喪失(SBO)事故を取り上げ、事故発生時におけるPWRプラント挙動について、特にSGを介したヒートパス確保の効果について、シミュレータ実験により評価検討した。結果、1次冷却系の自然循環による大きな炉心冷却効果が得られ、炉心損傷には至らないことが示された。また、冷却材喪失事故とSBO事故とが重畳発生し、かつ、SGを介したヒートパス確保がなされなかった場合についてもシミュレーション実験し、SBO単独事故に比して、炉心損傷までの時間が数分の1程度となることも示された。

  • 原子炉出力過渡特性の測定と評価(原子炉実習実験)ー正ペリオド法による制御棒反応度校正試験他ー 査読

    「尾崎禎彦」「砂川武義」

    福井工業大学研究紀要   ( 44 )   250 - 259   2014年4月

     詳細を見る

    原子力技術応用工学科では主として2年生を対象に近畿大学原子力研究所付設原子炉(近大炉)を用いた原子炉実習実験を実施している。本稿では、原子炉起動/出力調整運転とそれに伴う原子炉の異なる出力での臨界達成、正ペリオド法による制御棒反応度校正、さらに原子炉スクラム後の出力変化測定からの遅発中性子先行核の存在の体感、そして、最大出力1W時での原子炉室内のγ線、中性子の空間線量率測定について実施した。結果は、測定制御棒反応度が近大炉公称値と極めて良い一致を示すなど、所期の目的を果たす実験であった。

  • シビアアクシデント時の原子炉プラント挙動に関する基礎的検討-PWRプラントを中心に- 査読

    「尾崎禎彦」「大坂尚史」「道内真」

    福井工業大学研究紀要   ( 43 )   363 - 373   2013年4月

  • 原子炉出力向上の必要性と安全性評価に関する基礎的研究 査読

    「大坂尚史」「尾﨑禎彦」

    福井工業大学研究紀要   ( 42 )   497 - 507   2012年4月

     詳細を見る

    原子力発電所の新設が困難な状況下では、既設原子力発電所の出力を向上を図ることにより、既設発電所を有効活用するということが米国を中心に行われてきた。本稿では、この出力向上の方法、問題点などを概説し、出力向上を実施した際の異常事象、事故時における安全評価として、1次冷却材ポンプトリップ事故を対象にPWRプラント動特性シミュレータを用いて基礎的検討を実施した。110%程度の出力向上では従前定格100%時と同様の安全性が見込まれることを示した。

  • 原子力プラント運転・保守におけるヒューマンエラー評価技術に関する研究-分析・評価ツール- 査読

    「尾崎禎彦」「大井忠」

    福井工業大学研究紀要   ( 41 )   393 - 402   2011年4月

  • Multimodal PSO のエネルギー供給システムへの応用 査読

    北村聖一,森一之,尾崎禎彦,泉井良夫

    電気学会 論文誌C   130 ( 1 )   14 - 20   2010年1月

  • 最適化手法を用いた省エネ効果推定方の提案と工場エネルギー供給システムへの適用 査読

    北村聖一,森一之,尾崎禎彦,進藤静一,泉井良夫

    電気学会 論文誌C   128 ( 1 )   39 - 44   2008年1月

  • Multi-Objective Energy Management System Using Modified MOSPO 査読

    Shoichi Kitamura, Kazuyuki Mori, Seiichi Sindo, Yoshio Izui, Yoshihiko Ozaki

    IEEE Systems, Man and Cybernetics   4   3497 - 3503   2005年10月

▼全件表示

MISC

  • 最適化手法を用いたエネルギー変動費推定方の提案

    北村聖一,森一之,尾崎禎彦,進藤静一,泉井良夫

    電気学会 産業計測制御研究会報告会資料   ⅡC-06-99   47 - 50   2006年3月

  • IT時代の社会インフラシステム

    尾崎禎彦,伊藤均

    三菱電機技報   76 ( 9 )   562 - 566   2002年9月

  • 原子力発電所運用高度化のための次世代HMSに関する技術開発

    大井忠,尾崎禎彦,吉川榮和,椹木哲夫,古田一雄,五福明夫

    ヒューマンインターフェース学会 研究報告集   4 ( 2 )   21 - 24   2002年6月

産業財産権

  • エネルギー変動費推定装置およびエネルギー変動費推定プログラム

    北村聖一、森一之、進藤静一、下岡聖治、尾崎禎彦、高橋恵士、高松宏至

  • Power amount control method and apparatus

    Satoko Matsuo, Tadaaki Sakamoto, Naotaka Terashita, Yoshihiko Ozaki, Tadashi Ohi, Kenji Hirai, Takashi Nakagawa、Makoto Tanaka

  • Electric power Marketing method and electric power marketing system

    Satoko Matsuo, Tadaaki Sakamoto, Naotaka Terashita, Yoshihiko Ozaki, Tadashi Ohi, Kenji Hirai, Takashi Nakagawa、Makoto Tanaka

  • Power amount control method and apparatus

    Satoko Matsuo, Tadaaki Sakamoto, Naotaka Terashita, Yoshihiko Ozaki, Tadashi Ohi, Kenji Hirai, Takashi Nakagawa、Makoto Tanaka

  • X線露光装置

    糸賀賢二、井上正巳、尾崎禎彦、炭谷博昭

  • 露光装置および露光方法

    尾崎禎彦、丸本健二、田畑真毅、苗村康次、亀谷均、幸丸正樹

  • Power amount control method and apparatus

    Satoko Matsuo, Tadaaki Sakamoto, Naotaka Terashita, Yoshihiko Ozaki, Tadashi Ohi, Kenji Hirai, Takashi Nakagawa

▼全件表示

受賞

  • 電気学会学術振興賞(進歩賞)

    2008年5月   電気学会  

    「尾崎禎彦」「北村聖一」「森一之」

  • 電気学会部門貢献賞

    2009年9月   電気学会  

    尾崎禎彦

 

担当経験のある授業科目

  • 創造工学実験

    機関名:福井工業大学

  • 原子力発電工学特論

    機関名:福井工業大学

  • 原子力基礎

    機関名:福井工業大学

  • 卒業研究

    機関名:福井工業大学

  • 原子核反応学

    機関名:福井工業大学

  • 実践工学演習

    機関名:福井工業大学

  • 計測工学

    機関名:福井工業大学

  • 原子炉プラント工学

    機関名:福井工業大学

  • 基盤工学実験

    機関名:福井工業大学

▼全件表示