Updated on 2021/05/27

写真a

 
Kazutomi Sugihara
 

Research Interests

  • Operations Research

  • Data Mining

  • Rough Sets

  • Conjoint Analysis

Research Areas

  • Informatics / Statistical science

  • Others / Others  / Operations Research

Education

  • Osaka Institute of Technology   Department of Industrial Engneering   Graduated

    1994.4 - 1998.3

  • Osaka Prefecture University   Department of Electrical Engineering and Information Science   Master's Course   Completed

    1998.4 - 2000.3

  • Osaka University   Department of Applied Physics   Doctor's Course   Completed

    2000.4 - 2003.3

Research History

  • Fukui University of Technology   Department of Management Science   Lecturer

    2003.4 - 2004.3

  • Fukui University of Technology   Technical Support Staff

    2003.4 - 2007.3

  • Fukui University of Technology   Lecturer

    2004.4 - 2008.3

  • Setsunan University   Faculty of Business Administration and Information   part-time instructor

    2001.4 - 2002.3

  • Momoyama Gakuin University   part-time instructor

    2002.4 - 2003.3

  • Fukui University of Technology   Graduate School of Engineering, Department of Information Science, Master Course   Lecturer

    2005.4 - 2008.3

  • Fukui University of Technology   Technical Support Staff

    2007.4 - 2013.3

  • Fukui University of Technology   Graduate School of Engineering, Department of Information Science, Master Course   Associate Professor

    2008.4 - 2012.3

  • Fukui University of Technology   Associate Professor

    2008.4 - 2014.3

  • Fukui University of Technology   Graduate School of Engineering, Department of Social System Engineering, Master Course, Management Information   Associate Professor

    2012.4

  • Fukui University of Technology   Technical Support Staff

    2013.4 - 2014.3

  • Fukui University of Technology   Professor

    2014.4 - 2015.3

  • Fukui University of Technology   Professor

    2014.4

  • Fukui University of Technology   Professor

    2014.4

  • Fukui University of Technology   Professor

    2015.4

▼display all

Professional Memberships

  • Japan Industrial Management Association

    1998.3

  • Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics

    1999.8

  • The Operations Research Society of Japan

    1999.9

  • Japan Society for Educational Technology

    2015.7

Qualification acquired

  • Usual Car License (first kind)

  • Fundamental Information Engineer/Information Processing Engineer, Class 2

 

Papers

  • Environmental Efforts Made by Kirin Holdings Company Ltd. -Reasons of Ranking First for Global Warming Countermeasures in Japanese Food Industry- Reviewed

    Mayumi TANAKA, Yoshie OHTOSHI, Kazutomi SUGIHARA

    Memoirs of Fukui University of Technology   ( 47 )   198 - 206   2017.5

  • Measurement of Influence for Users in Social Networks Reviewed

    Kazutomi SUGIHARA, Thanchanok LAOPROMSUKON, Akihiro FUJIHARA, Daisuke NOGIWA

    Memoirs of Fukui University of Technology   ( 47 )   190 - 197   2017.5

  • Motivation Effects of Using Actual Robots Controlled by the Scratch Programming Language in Introductory Programming Courses Reviewed

    Kazumasa OHKUMA, Masahiro OSOGAMI, Naoki SHIORI, Kazutomi SUGIHARA

    International Journal of Engineering Education   33 ( 2A )   575 - 587   2017

     More details

    我々が取り組んできた高校生対象のプログラミング授業において, プログラミングのみを体験する授業と, 授業で作成したプログラムを用いてロボットを制御した授業のアンケート結果を比較した.その結果, 教科「理科」を志向しない生徒(非理系志向の生徒)に対して, 実機を導入した授業の効果がより興味関心が高まっている傾向にあることが分かった.

  • The Practice of Programming Education by Controlling Actual Robots Using Scratch Reviewed

    Masahiro Osogami, Kazumasa Ohkuma, Kazutomi Sugihara

    IPSJ Transactions on Computers and Education   2 ( 2 )   76 - 84   2016.10

  • Effects in Programming Education with Actual Robots Control Using Scratch Reviewed

    Masahiro OSOGAM, Kazumasa OHKUMA, Naoki SHIORI, Kazutomi SUGIHARA and Teruya YAMANISHI

    Memoirs of Fukui University of Technology   ( 45 )   211 - 218   2015.7

  • Trial of Global Financial Education for University Students throughout Stock Investment Competitions Reviewed

    Kazutomi SUGIHARA, Mayumi TANAKA

    Memoirs of Fukui University of Technology   ( 45 )   388 - 393   2015.7

  • Examination on Student Types Obtained from an Students' Consciousness Survey in University-Cooperation

    Junko TOKUNO, Yoichi TANAKA, Manabu IRISAWA, Kazutomi SUGIHARA, Takahiro KAGOYA, Osamu YAMAKAWA

    SIG Technical Reports   2014-13 ( 3 )   1 - 8   2014.5

  • A Report on the Workshop of Teaching Portfolio in 2012

    Chizuko INOUE, Tadahiro KANEDA, Ken'ichi KITANO, Keiko NAKATANI, Keiko ISHOGAWA, Ryoji KAWATANI, Kazutomi SUGIHARA, etc.

    47   49 - 56   2013.12

  • Education about Compression Technique using Computer Science Unplugged as Introductory Education and Toward its Developments II

    Kazumasa OHKUMA, Kazutomi SUGIHARA, Katsuji UOSAKI

    ( 43 )   438 - 445   2013.6

  • Lecture on experience-based Scratch programming for high school students and its developments

    Kazumasa OHKUMA, Masahiro OSOGAMI, Takahiro KAGOYA, NAoki SHIORI, Kazutomi SUGIHARA, Teruya YAMANISHI

    ( 43 )   426 - 437   2013.6

  • Uncertainty index based interval assignment by Interval AHP(査読付) Reviewed

    Tomoe Entani, Kazutomi Sugihara

    European Journal of Operational Research   219 ( 2 )   379 - 385   2012.6

     More details

    階層型意思決定法(AHP)では, 不確かな状況や人間の主観的判断によって, 評価基準や代替案の重要度が確定しない場合がある. そこで, 評価に存在する不確かさを重要度の幅として反映するモデル(区間AHP)が既に提案されている. 本論文では, 不確かさを異なる3つの観点で捉え, 各観点の下で重要度の幅を決定する数理モデルを定式化すると共に, 数値例を踏まえて, 提案モデルの特徴を考察している.

  • Rough Set Approach to Information Systems with Interval Decision Values in Evaluation Problems(査読付) Reviewed

    Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka

    The International Symposium On Fuzzy and Rough Sets   CD-ROM   2006.12

     More details

    本論文では, 各データの評価値として区間評価値を与えた場合, ラフ集合の情報近似の概念を基に, その情報を上側と下側から近似する方法について考察している. また, 与えられた区間評価にあいまいさが含まれることを考慮し, 予め与えたものの, 分析を通して, 有意でない区間データの区切りを近似集合に基づいて除去する方法を提案している.

  • Interval Weights in AHP by Linear and Quadratic Programming(査読付) Reviewed

    Tomoe Entani, Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka

    Fuzzy Economic Review   10 ( 2 )   3 - 11   2005.11

     More details

    階層型意思決定法(AHP)において, 各代替案に対する人間の持つ不確かさを反映するために, 区間回帰モデルによる定式化が既に提案されている. 本論文では, 従来の線形モデルとは異なる2次関数モデルによる定式化が試みられていて, 従来モデルとの性能比較が行われている. 線形計画モデルによる定式化の結果よりも, 不確かな評価をより的確に再現し, 解釈できる場合があることを示している.

  • Interval Priorities in AHP by Interval Regression Analysis(査読付) Reviewed

    Kazutomi Sugihara, Hiroaki Ishii, Hideo Tanaka

    European Journal of Operational Research   158   745 - 754   2004.11

     More details

    本論文では, 階層型意思決定法(AHP)において, 各代替案に対して, 人間の不確かさを反映した区間評価を行うため, 区間回帰モデルを用いた重要度算出手法を提案している. 与えられた不確かな評価を区間比のモデルで近似し, 上側と下側から包含することにより, 2つの線形計画問題を定式化している. 上側のモデルは, 一貫性のない評価であっても区間重要度は得られるが, 下側のモデルは, 一貫性のない評価の場合, 区間重要度が得られないといった性質がある. 線形計画モデルによる定式化を行っているため, 提案手法の有用性はとても高い.

  • Non-Additive Measures by Interval Probability functions(査読付) Reviewed

    Hideo Tanaka, Kazutomi Sugihara, Yutaka Maeda

    An International Journal of Information Sciences   164   209 - 227   2004.8

     More details

    本論文では, 情報の不確かさを表現するために, 区間確率関数を定義し, その性質を考察している. 区間確率では, 上界確率関数と下界確率関数を定義し, 情報の不確かさをこれらの関数で近似する. これにより, 同時確率や条件付確率を新たに定義し, ベイズ意思決定問題への適用可能性を示している.

  • On Conjoint Analysis by Rough Approximations based on Dominance Relations(査読付) Reviewed

    Kazutomi Sugihara, Hiroaki Ishii, Hideo Tanaka

    International Journal of Intelligent Systems   19   671 - 679   2004.7

     More details

    コンジョイント分析(解析)は, 与えられた諸要因の組み合わせに対する全体評価から, 各要因の部分効用を求めることにより, 未知の組み合わせの評価を推定できる. 本論文では, Dominance Relationという2値関係に基づくラフ近似の概念によって, 新たなコンジョイント分析(解析)手法を提案している. Dominance Relationは順序関係の1つであり, 与えられたデータを優越集合(被優越集合)で整理し, その集合から, 順序関係を持つIF-Thenルールを生成する. 本モデルにより、未知の要因の組合せに対する評価が可能である.

  • Conjoint Analysis Based on Rough Approximations by Dominance Relations Using Interval Regression Analysis(査読付) Reviewed

    Kazutomi Sugihara, Hiroaki Ishii, Hideo Tanaka

    The IEEE 2002 World Congress on Computational Intelligence   763 - 766   2002.5

     More details

    コンジョイント分析(解析)は, 予め用意された諸要因の組み合わせに対する全体評価から, 各要因の部分効用を求める手法である. また, 各要因の部分効用を求めることで, 最も効果の高い要因の組み合わせを推定することができる. 本論文では, ラフ集合(Rough Sets)を用いたコンジョイント分析を試みる. 提案手法は, 与えられたデータから相関ルールが抽出できるので, データ構造を把握するのに有用な手法であるといえる.

  • Interval Probability and Its Application to Decision Problems(査読付) Reviewed

    Hideo Tanaka, Kazutomi Sugihara

    The 10th IEEE International Conference on Fuzzy Systems   CD-ROM   952 - 955   2001.12

     More details

    不確かさを表現するのに, 上界関数・下界関数と呼ばれる2つの確率関数を定義し, それらを区間確率関数と呼ぶ. 本論文では, 区間確率関数とその性質について述べている. また, 何らかの情報が与えられたときに, その情報から区間確率関数の条件を満たす区間確率を推定する方法を提案している.

  • Interval Evaluations in the Analytic Hierarchy Process by Possibility Analysis(査読付) Reviewed

    Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka

    An International Journal of Computational Intelligence   17 ( 3 )   567 - 579   2001.8

     More details

    人間の主観的な判断から, 各代替案の重要度を算出する方法にAHP(階層化意思決定法)がある. 本論文では, 評価の不整合性を重要度に反映するAHPモデルの定式化が行われている. すなわち, その不整合性が区間として重要度に反映されるような区間モデルが定式化されている. その定式化には, 可能性回帰分析の定式化の概念が用いられていて, 評価データを可能性という立場から取り扱っている.

▼display all

MISC

  • Dual Mathematical Models Based on Rough Approximations

    13 ( 6 )   592 - 599   2001.12

Presentations

  • Interval Evaluation by Interval AHP

    Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka

    Fuzzy System Symposium 1999 

  • Possibilistic AHP Models for Interval Data

    Kazutomi Sugihara, Yutaka Maeda, Hideo Tanaka

  • Interval Evaluation by AHP with Rough Set Concept International conference

    Kazutomi Sugihara, Yutaka Maeda, Hideo Tanaka

    The 7th International Work shop, New Directions in Rough Sets, Data Mining, and Granular-Soft Computing  International Rough Set Society

     More details

    本発表では, 区間AHPとその定式化について述べている.区間AHPでは, 不確かで一貫性のないデータに対し, 区間重要度の比で2つの観点から近似し, 2つのモデルを定式化している. また, データが欠落している場合に, その欠落値を選好関係の推移律から推定する方法について提案している.AHPにおいて, データが欠落している場合に対応可能であれば, 一対比較の回数を少なくすることが可能であり, 意思決定者の負担を軽減できる.

  • On Interval AHP Models International conference

    Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka, Hiroaki Ishii

    The 4th Asian Fuzzy Systems Symposium 

     More details

    従来の区間AHPでは, 2つの観点から, 区間重要度が得られるような区間AHPモデルが線形計画問題として定式化されている. 本発表では, 区間AHPモデルを2次計画問題として, モデル化する方法について述べている.

  • On Interval AHP models by quadratic programming International conference

    Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka, Hiroaki Ishii

    The 17th European Conference on Operational Research  Association of European Operational Research Societies

     More details

    本発表では, 区間AHPモデルを2次計画問題として, 定式化する方法を示し, 線形計画問題で定式化されている従来の区間AHPモデルと比較しながら, 提案モデルの性質について述べている.

  • Interval Evaluations to Inconsistent Judgments in Analytic Hierarchy Process International conference

    Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka, Hiroaki Ishii

    The 3rd Czech-Japan Seminar on Data Analysis and Decision Making under Uncertainty 

     More details

    本発表では, 2次計画問題として定式化された区間AHPモデルを, 一貫性のない判断を含むデータに適用し, 従来の区間AHPモデルとの結果の比較を行っている.

  • Non-Additive Measures by Interval Probability Functions International conference

    Hideo Tanaka, Kazutomi Sugihara, Yutaka Maeda

    International Workshop on Rough Set Theory and Granular Computing  International Rough Set Society

     More details

    不確かさを表現するのに, 与えられた情報から1つの確率分布を常に決めるという仮定の下で, 確率理論は概ね定義されている. しかし, 現実問題では, この仮定を満足していない場合が存在する. このような場合, 不確かな情報から確率分布の集合を予測する方が適切である. 本発表では, 上界関数・下界関数と呼ばれる2つの確率関数を提案し, これらの関数によって区間確率を表現することについて説明している.

  • Fuzzy AHP with Incomplete Information International conference

    Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka, Hiroaki Ishii

    Joint 9th IFSA World Congress and 20th NAFIPS International Conference  International Fuzzy Systems Association

     More details

    従来の区間AHPモデルでは, 人間の主観的な判断が区間値として表現されている.本発表では, そのあいまいな判断がファジィ数として与えられた場合のファジィAHPモデルを提案している. また, その判断が完全に与えられていなくても, 提案モデルにより重要度が算出できること示している.

  • Rule Extraction from Information Systems with Interval Values

  • Rough Set Approach to Information Systems with Imprecise Decisions International conference

    Kazutomi Sugihara, Hiroaki Ishii, Hideo Tanaka

    The 5th Czech-Japan Seminar on Data Analysis and Decision Making under Uncertainty 

     More details

    意思決定問題では, 意思決定者の考えを反映させるために, 区間値のような不確かなデータを取扱う場合が存在する. 本発表では, 不確かなデータが含まれているようなデータベースを分析するために, ラフ集合による新たな分析手法を提案している.

  • Rough Sets Technique for Group Decision Making Problems International conference

    Kazutomi Sugihara, Hiroaki Ishii, Hideo Tanaka

    The 9th Asia Pacific Management Conference 

     More details

    本発表では, Z.Pawlak によるラフ集合の概念を集団意思決定問題に応用している. 集団意見の合意を形成する数理モデルを提案し, その合意レベルに合わせた情報近似や分析方法を示している.

  • Rule Extraction Based on Rough Sets in Group Decision Making Problems International conference

    Kazutomi Sugihara, Hiroaki Ishii, Hideo Tanaka

    The 8th World Multi- Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics 

     More details

    本発表では, ラフ集合のデータ分析手法を集団の意思決定を集約するために用いている. また, 合意レベルに応じた集団意思決定の変化を分析し、その意味について考察している.

  • Rough Set Approach to Information Systems with Interval Decision Value in Evaluation Problems International conference

    Kazutomi Sugihara, Hideo Tanaka

    International Symposium on Fuzzy and Rough Sets 2006  International Fuzzy Sets Association

     More details

    本発表では, 各データの評価値として区間評価値を与えた場合の情報近似について考察した. 特に, 区間データの区切りが有意でない場合, 有意でない区間データの区切りを近似集合に基づいて除去する方法について詳しく説明し, その有用性について具体的な例を基に検討している.

  • 大学生活の過ごし方から見た学生タイプの分析-複数の高等教育機関による比較と検討-

    徳野淳子, 田中洋一, 杉原一臣, 篭谷隆弘, 山川修

    第40回教育システム情報学会全国大会  教育システム情報学会

     More details

    Fレックス参加校に所属する学生の1週間の過ごし方に焦点を当て, 2014年度に実施された学生意識調査アンケートの回答を基に, 学生をタイプ別に分類した.機関や学問分野等で比較した結果, 学生タイプの割合が大きく異なることを報告している.

  • Teaching Portfolio Workshop By University Collaboration in Fukui Prefecture International conference

    Kazutomi SUGIHARA, Akemi EMOTO, Yoichi TANAKA, Osamu YAMAKAWA

  • Designing and holding a life-portfolio workshop for adults with reference to the method of the academic-portfolio workshop

    Osamu YAMAKAWA, Kazutomi SUGIHARA, Kazuko EZAKI

    The 32nd Annual Conference of Japan Society for Educational Technology  日本教育工学会

     More details

    発表者らは, 高等教育機関向けのティーチング・ポートフォリオ作成ワークショップ(TPWS)やアカデミック・ポートフォリオ作成ワークショップ(APWS)の手法を参考に, 一般社会人が自分の人生を振り返り, 人生の再設計を促すためのライフ・ポートフォリオ講座(LPWS)を設計し実施した. 本発表では,LPWSを設計する上での注意点と問題点,実施した結果,参加者がどのような感想を持ったかを報告し,それを踏まえた上で,今後の改善点を議論した.

  • Weighted Distance in Directed Networks for Measuring Social Influence

    Thanchanok Laopromsukon, Akihiro Fujihara, Daisuke Nogiwa, and Kazutomi Sugihara

    日本知能情報ファジィ学会第25回北信越シンポジウム・第21回人間共生システム研究会  日本知能情報ファジィ学会北信越支部, 人間共生システム研究部会

     More details

    In this paper, a new measurement in directed social networks is proposed. Assuming directed networks, our measurement provides an evaluation of each vertex as social influence in consideration of not only the number of incoming edges to a referred vertex but also outgoing edges from a referring vertex. Through real experience in society, it seems that the concept is intuitively plausible. To verify the relevance be-tween the proposed index and the previous ones, statistical hypothesis testing for non-correlation is performed with randomly generated networks.

  • Designing and holding a workshop for writing an application of KAKENHI International conference

    Osamu YAMAKAWA, Yoichi TANAKA, Kazutomi SUGIHARA

  • Effects of introducing actual-robot controls in programming experience classes for high school students based on classification of respondents

    Kazutomi SUGIHAR, Masahiro OSOGAMI, Kazumasa OHKUMA

  • Trial of Feature Extraction of Effective Students in Programming Experience Classes with Actual Equipment

▼display all

 

Teaching Experience

  • Advanced Operations Research

    Institution:Fukui University of Technology

  • Business Planning

    Institution:Fukui University of Technology

  • Operations Research I

    Institution:Fukui University of Technology

  • Operations ResearchⅡ

    Institution:Fukui University of Technology

  • Research for Graduation

    Institution:Fukui University of Technology