2021/05/27 更新

写真a

タニワキ カズヒロ
谷脇 一弘
Kazuhiro Taniwaki

学位

  • 博士(工学)   論文 ( 1997年12月   東京大学 )

研究キーワード

  • 耐震設計

  • 維持管理工学

  • 橋梁工学

  • optimum design

  • seismic design

  • maintenance engineering

  • bridge engineering

  • 最適設計

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学

学歴

  • 愛媛大学   工学部   土木工学科   卒業

    1978年4月 - 1982年3月

  • 愛媛大学   工学研究科   土木工学専攻   修士課程   修了

    - 1984年3月

経歴

  • 川田工業(株)   技術本部   職員(技術系)

    1984年4月 - 1988年3月

  • 愛媛大学   工学部土木工学科   助手

    1988年4月 - 2004年3月

  • ミシュコルツ大学   研究員

    1999年6月 - 1999年9月

  • 愛媛大学   工学部土木環境工学科   講師

    2005年4月 - 2007年3月

  • 福井工業大学   土木環境工学科   准教授

    2007年4月 - 2010年3月

  • 福井工業大学   土木環境工学科   教授

    2011年4月 - 2012年3月

  • 福井工業大学   建築生活環境学科   教授

    2012年4月 - 2015年3月

  • 福井工業大学   大学院工学研究科社会システム学専攻博士前期課程   教授

    2012年4月 - 現在

  • 福井工業大学   大学院工学研究科社会システム学専攻博士後期課程   教授

    2012年4月 - 現在

  • 福井工業大学   工学部 建築土木工学科   教授

    2015年4月 - 現在

▼全件表示

所属学協会

  • 土木学会

  • INTERNATIONAL SOCIETY FOR STRUCTURAL AND MULTI-DISCIPLINARY OPTIMIZATION (ISSMO)

 

論文

  • 振動法およびPSOを用いた斜張橋のケーブル張力の推定について 査読

    「谷脇 一弘」,「 譚 威」

    福井工業大学研究紀要 ( 50 ) 42 - 49   2020年10月

  • ラグランジュ関数最小化PSOの制約条件付離散最適化問題への適用 査読

    谷脇 一弘

    福井工業大学研究紀要 ( 50 ) 31 - 41   2020年10月

  • 振動法による中角橋のケーブル張力の測定について 査読

    譚 威・谷脇 一弘・西川 隼人

    福井工業大学紀要 ( 49 ) 85 - 92   2019年12月

  • 制約条件付き最適化問題に対する粒子群最適化法のロバスト性の検討 査読

    谷脇 一弘・王 志華

    福井工業大学紀要 ( 49 ) 55 - 63   2019年12月

  • 福井県の異なる環境下における橋梁の劣化特性について 査読

    谷脇一弘

    福井工業大学研究紀要 ( 47 ) 85 - 91   2017年5月

  • 橋梁長寿命化のための実用的な最適補修時期決定法について 査読

    谷脇 一弘, 大西 秀明

    福井工業大学研究紀要 ( 46 ) 122 - 131   2016年6月

  • 福井市および福井県の管理橋梁の劣化特性について 査読

    谷脇 一弘 , 大西 秀明

    福井工業大学研究紀要 ( 46 ) 112 - 121   2016年6月

  • DEVELOPMENT OF OPTIMAL BRIDGE MANAGEMENT SYSTEM CONSIDERING PRACTICAL USEFULNESS 査読

    Kazuhiro Taniwaki and Hideaki Oonishi

    Proceedings of the 6th International Conference on Structural Engineering and Construction Management   36 - 43   2015年12月

  • 橋梁の維持管理のための最適補修計画について 査読

    谷脇 一弘, 大西 秀明

    福井工業大学研究紀要 ( 45 ) 119 - 128   2015年6月

  • 越前市の小規模橋梁の劣化特性について 査読

    谷脇一弘

    福井工業大学研究紀要 ( 44 )   2014年6月

  • 既設橋梁の支承取替え時における免震支承の寸法最適化 査読

    谷脇一弘

    福井工業大学研究紀要 ( 43 ) 202 - 213   2013年

  • OPTIMUM SEISMIC DESIGN OF STEEL BRIDGE SYSTEM WITH DOUBLE I-TYPE GIRDERS 査読

    Kazuhiro Taniwaki, Kenta Tanaka

    Proceedings of 2nd International Conference on Sustainable Built Environment   CD-ROM - 11   2012年12月

  • 不等径間を有する2主鈑桁橋の最適耐震設計

    谷脇一弘

    福井工業大学研究紀要 ( 42 ) 230 - 242   2012年3月

  • OPTIMUM DESIGN OF BRIDGE SYSTEM CONSIDERING PERFORMANCE AT ULTIMATE STATE DUE TO DEVASTATING EARTHQUAKE

    Kazuhiro Taniwaki, Kenta Tanaka

    Proceeding of the 2011 world congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'11)   5805 - 5815   2011年9月

  • 杭基礎の降伏制約を考慮したレベル2地震動に対する橋梁システムの最適設計法 査読

    谷 脇 一 弘

    福井工業大学研究紀要 ( 41 ) 238 - 248   2011年3月

  • Optimum Design of Bridge System Subjected to Devastating Earthquake Considering Performance at Ultimate State

    K.Taniwaki and K.Tanaka

    Proc. of the International Conference on Sustainable Built Environments, ICSBE2010   1 - 8   2010年12月

  • 地震時の性能制約を考慮した橋梁システムの最適設計

    谷脇

    福井工業大学研究紀要論文 ( 40 ) 155 - 163   2010年3月

  • Performance-based Minimum Cost Design of Bridge System subjected to Devastating earthquake 査読

    K. Taniwaki K.Tanaka

    Internet J. of Social Management system (社会マネジメントシステム学会論文集) - 8ページ   2010年3月

  • Optimal Bridge Maintenance Strategy determined by The Markov Process and Two Stage Optimization Technique 査読

    K. Taniwaki M. Ohga K.Karunananda

    Internet J. of Social Management system (社会マネジメントシステム学会論文集) - 9ページ   2009年10月

  • 既存橋梁の最適補修時期決定法に関する研究

    谷脇

    福井工業大学研究紀要論文 ( 39 ) 257 - 264   2009年3月

  • Optimal Bridge Management System By Using The Markovian Transition Probability Model And Optimization Technique

    K.Taniwaki, Y.Ankyu and M.Ohga

    Proc. of Eleventh East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC-11)   CD-ROM - 10   2008年11月

  • Application of Interval Reliability Theory in Bridge Maintenance

    P.A.K.Karunananda, M.Ohga, K.Taniwaki

    Proc. of International Conference on Advance in Continuum Mechanics, Material Science, Nanoscience and Nenotechnology, University of Peradeniya   307 - 314   2008年9月

  • 福井県内の既存橋梁の劣化予測および最適補修戦略

    谷脇

    福井工業大学研究紀要論文 ( 38 ) 213 - 220   2008年3月

  • Application of New Damage indicator-based Sequential Low for Remaining Fatigue Life Estimation of Railway Bridges 査読

    S.S.Chaminda M. Ohga R.D.Dissanayake K.Taniwaki

    Journal of Constructional Steel Research64   228 - 237   2008年1月

  • Computation of SIFs for Branched Crack Problems by Scaled Boundary Finite Element Method 査読

    S.Shrestha, M. Ohga, K.Taniwaki

    Journal of Structural Engineering   133 - 140   2007年3月

  • 二段階分岐限定法による既存橋梁の最適補修パーツの選定法 査読

    谷脇,大久保

    応用力学論文集9   239 - 250   2006年8月

  • On the Crack Propagation Simulation using Scaled Boundary Finite Element Method

    S.Shrestha, M.Ohga and K.Taniwaki

    Proc. of The Tenth East Asis-Pacific Conference on Strcutural Engineering and Construction   413 - 418   2006年8月

  • An Efficient Numerical Method for Failure Analysis in Earthquake Damaged Structures

    S.Shresths, M.Ohga and K.Taniwaki

    Proc. of International Conference on Disaster Management Achievement and Challenges   218 - 225   2005年11月

  • Optimal Synthesis Method for Transmission Tower Truss Structures Subjected to Static and Seismic Loads 査読

    K.Taniwaki, S.Ohkubo

    Structural Multidisciplinary Optimization26   441 - 454   2004年3月

  • エネルギー原理に基づく材料および幾何学的非線形を考慮したトラス構造物の最適設計法 査読

    谷脇,大久保

    構造工学論文集49A   169 - 178   2003年3月

  • エネルギー原理に基づく材料非線形トラス構造物の構造形状および断面寸法を設計変数とした最適設計法 査読

    谷脇・大久保・松友・風川

    応用力学論文集5   121 - 131   2002年8月

  • A New Efficient Approach to Sizing Optimization of Nonlinear Frame Structures

    K.Taniwaki, S.Ohkubo

    Proc. of the second international Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM02)CD-ROM - 8   2002年8月

  • Configuration and Sizing Optimization of Nonlinear Truss Structures based on Energy Principles 査読

    K.Taniwaki

    Today and Tomorrow of the Science and Technology exchange between Ehime Univetsity-Japan and Ecole Centrale de Nantes-France, Proc. of 2nd EU-ECN Joint Seminar   219 - 227   2001年8月

  • エネルギー原理に基づく箱形断面を有する非線形剛節骨組構造物の最適設計法 査読

    谷脇,大久保

    土木学会論文集I-54 ( 668 ) 65 - 81   2001年1月

  • エネルギー原理に基づく非線形剛節骨組構造物の箱形断面寸法の最適化

    谷脇,大久保

    第4回最適化シンポジウム講演論文集   193 - 198   2000年10月

  • An Efficient Optimum Design Method for Nonlinear Frame Structures with Box Section by Energy Approach 査読

    K.Taniwaki, S.Ohkubo

    Advances in Computational Engineering & Sciences, Tech Science Press 2   1556 - 1561   2000年

  • Energy Approach to Shape and Sizing Optimization of Nonlinear Truss Structures 査読

    K.Taniwaki, S.Ohkubo

    Advances in Computational Engineering & Sciences, Tech Science Press 2   1580 - 1585   2000年

  • Shape Optimization of Nonlinear Truss Based on the Energy Principle

    S.Ohkubo, S.Kawashita, K.Taniwaki

    Proc. of the Third World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization   CD-ROM - 6   1999年5月

  • Generalized Energy Approach to Sizing Optimization for Nonlinear Frame Structures

    K.Taniwaki, S.Ohkubo

    Proc. of the Third World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization, WCSMO-3   CD-ROM - 6   1999年5月

  • Material Configuration and Sizing Optimization of Transmission Tower Subjected to Earthquake Loads

    K.Taniwaki, S.Ohkubo

    Proc. of International Conference on Theoretical, Applied, Computational and Experimental Mechanics (ICTACEM98)   CD-ROM - 12   1998年12月

  • 動的荷重を受けるトラス構造物の形状・使用材種・断面寸法の最適化

    谷脇,大久保

    計算工学講演会論文集3 ( 2 ) 557 - 560   1998年5月

  • Design Optimization of Nonlinear Plane Frame Structures by Energy Approach 査読

    K.Taniwaki, S.Ohkubo

    Modeling and Simulation Based Engineering, Tech Science Press 1   802 - 807   1998年

  • An Approach to Multicriteria Fuzzy Optimization of a Prestressed Concrete Bridge System Considering Cost and Aesthetic Feeling 査読

    S.Ohkubo, P.B.R.Dissanayake, K.Taniwaki

    Structural Optimization15 ( 2 ) 132 - 140   1998年

  • System Optimization of Configuration, Material and Sizing Variables for Truss Structures 査読

    K.Taniwaki, S.Ohkubo

    Modeling and Simulation Based Engineering, Tech Science Press 1   796 - 801   1998年

  • TOTAL OPTIMAL SYNTHESIS METHOD FOR FRAME STRUCTURES DEALING WITH SHAPE, SIZING, MATERIAL VARIABLES AND PRESTRESSING 査読

    谷脇

    学位論文(東京大学)   1997年12月

  • 構造形状・部材の材種・断面寸法を設計変数としたトラス構造物の耐震最適設計法 査読

    大久保,谷脇

    土木学会論文集I-40 ( 570 ) 47 - 61   1997年7月

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 橋の文化史および福井の橋の老朽化とメンテナンス 国際会議

    谷脇 一弘

    平成23年度大学連携リーグ  福井県

  • レベル2地震時の杭基礎の降伏をも考慮した橋梁システムの最小建設費設計

    田中賢太,谷脇一弘

    土木学会第66回年次学術講演会 

 

担当経験のある授業科目

  • 構造工学特論

    機関名:福井工業大学

  • 橋梁工学

    機関名:福井工業大学

  • 構造力学特論

    機関名:福井工業大学

  • 建設工学実験

    機関名:福井工業大学

  • 建築・土木材料学

    機関名:福井工業大学

  • 土木計画学

    機関名:福井工業大学

  • 基礎物理学

    機関名:福井工業大学

  • 卒業研究

    機関名:福井工業大学

  • 構造力学ⅠⅡ

    機関名:福井工業大学

  • 建築土木概論

    機関名:福井工業大学

  • 建築土木ゼミナール

    機関名:福井工業大学

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 福井県コンクリート診断士会研修会

    2014年6月