2021/12/15 更新

写真a

アオヤマ タカシ
青山 隆司
Takashi Aoyama

学位

  • 理学修士   課程 ( 1977年3月   東北大学 )

  • 理学博士   課程 ( 1983年3月   東北大学 )

研究キーワード

  • -

  • 太陽電波天文学

  • 自然災害の被害検証

  • 海洋・湖沼の水質計測

  • -衛星リモートセンシング

研究分野

  • エネルギー / 地球資源工学、エネルギー学

  • 自然科学一般 / 天文学

  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学

学歴

  • 東北大学   理学研究科   地球物理学専攻   博士課程   単位取得満期退学

    - 1980年3月

  • 東北大学   理学研究科   地球物理学専攻   博士課程   修了

    - 1977年3月

  • 名古屋大学   理学部   物理学科   卒業

    - 1975年3月

経歴

  • 東北職業能力開発大学校   東北職業能力開発大学校 情報技術科   助教授

  • 福井工業大学   電気電子情報工学科   教授

    2010年4月 - 2015年3月

  • 福井工業大学   大学院工学研究科応用理工学専攻博士前期課程   教授

    2012年4月 - 現在

  • 福井工業大学   大学院工学研究科応用理工学専攻博士後期課程   教授

    2012年4月 - 現在

  • 福井工業大学   工学部 電気電子工学科   教授

    2015年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本リモートセンシング学会

  • 海洋理工学会

  • 地球電磁気・地球惑星圏学会

  • 計測自動制御学会

  • 米国地球物理学会(American Geophysical Union)

 

論文

  • A Project Useful for Starry Sky Protection by Collaboration between Night Time Artificial Light Observation from Space and Night Sky Brightness Observation on the Ground 査読

    Tomoyuki NAKAJO,Shusaku YAMAURA,Fumiki ONOMA,Mayuko SHIBAYAMA,Takashi AOYAMA, Yoshinobu KATO,Yasutake ITO,and Hideyuki KATO

    Trans. JSASS Aerospace Tech. Japan   Vol.19 ( No.6 )   845 - 854   2021年11月

  • MONITOR OF MARINE DEBRIS IN THE SEA OF JAPAN USING SATELLITE IMAGE DATA 査読

    Takashi Aoyama

    2019 International Symposium on Remote Sensing   2019年4月

  • Extraction of marine debris in the Sea of Japan using satellite images 査読

    Takashi Aoyama

    SPIE Asia-Pacific Remote Sensing   10778   10778R-1 - 10778R-8   2018年10月

  • 衛星リモートセンシングを用いた海ゴミ検出法の改良 査読

    青山 隆司,永島 隆也,岩城 克幸

    福井工業大学研究紀要   ( 47 )   1 - 7   2017年5月

  • VALIDATION OF EXTRACTION METHODS OF MARINE DEBRIS IN THE SEA OF JAPAN USING SATELLITE IMAGES 査読

    Takashi Aoyama

    International Symposium on Remote Sensing 2017   552 - 555   2017年5月

  • 衛星画像を用いた海ゴミ抽出手法の検証 査読

    青山 隆司,倉田 旦

    福井工業大学研究紀要   ( 46 )   1 - 7   2016年6月

  • Extraction of marine debris in the Sea of Japan using high-spatial-resolution satellite images 査読

    Takashi Aoyama

    Proc. of SPIE Vol. 9878   9878   987817-1 - 987817-7   2016年5月

  • 衛星リモートセンシングによる海洋漂流物の抽出

    青山隆司, 野沢志帆

    福井工業大学研究紀要   ( 45 )   1 - 6   2015年7月

  • Monitoring of debris in the ocean using multi-spectral satellite images 査読

    Takashi Aoyama

    International Symposium on Remote Sensing 2015   2015年

  • Monitoring of marine debris in the Sea of Japan using multi-spectral satellite images 査読

    Takashi Aoyama

    SPIE Asia-Pacific Remote Sensing 2014   9261   92611E-1 - 92611E-7   2014年10月

     詳細を見る

    日本海沿岸域に流れ着く漂流ゴミ(海ゴミ)を高解像度の衛星画像を用いて抽出する手法の開発を行った。解像度の高い衛星画像を用いても、小規模の海ゴミの確認は不可能であるため、海ゴミが含まれる画素のスペクトルの異常を利用し抽出する手法を提案した。さらに、日本海沿岸域の場所の違いによる海域のスペクトルの違いについても言及している。

  • 衛星分光画像を用いた日本海漂流ゴミの監視 査読

    青山隆司、佐々木拓海

    福井工業大学研究紀要   ( 44 )   1 - 6   2014年5月

     詳細を見る

    日本海沿岸域に流れ着く漂流ゴミ(海ゴミ)を高解像度の衛星画像を用いて抽出する手法の開発を行った。現在存在する最も解像度の高い衛星画像を用いても、小規模の海ゴミの確認は不可能であるため、海ゴミが含まれる画素のスペクトルの異常を利用し抽出する手法を提案している。

  • 衛星リモートセンシングを用いた小浜湾の藻場計測 査読

    青山隆司、矢野達也、八木一平

    福井工業大学研究紀要   ( 44 )   7 - 13   2014年5月

     詳細を見る

    福井県の小浜湾沿岸域の藻場は、昭和30年代に比べてほぼ20%にまで減少したと言われている。藻場の保全の第一歩として、衛星画像を用いて藻場の減少を確認した。その結果、この10年間の間に藻場の面積と海藻の密集度がともに減少していることを明らかにした。

  • 1.3GHzウィンドプロファイラレーダーによる福井平野における局地循環の初期観測結果 査読

    中城智之,山本真之,青山隆司,加藤芳信,宇治橋康行,橋口浩之

    福井工業大学研究紀要   ( 44 )   31 - 38   2014年5月

     詳細を見る

    福井平野の局地循環の実態を把握することを目的に,福井県沿岸域に立地する福井工業大学あわらキャンパスに1.3GHz ウィンドプロファイラレーダーを2012 年3 月に設置した。試験観測および機器の再調整後,2012 年12 月から連続観測を実施している。本文ではその初期観測結果として,晴天時は日射の影響で海陸風循環が恒常的に発生
    していること,そして海陸風循環が福井県嶺北地方における雲の発生に大きく影響していることなどを詳細に示している。

  • あわらキャンパス10mパラボラアンテナシステムの宇宙への新しい窓を拓く衛星地上局としての現状と将来展望

    中城智之,青山隆司,加藤芳信

    福井工業大学研究紀要   ( 43 )   58 - 65   2013年6月

  • 東北地方太平洋沖地震に伴う巨大津波により太平洋へ流出した海洋漂流瓦礫の監視

    青山隆司

    福井工業大学研究紀要   ( 43 )   1 - 8   2013年6月

  • Monitoring of debris flow in the ocean generated by huge tsunami caused by the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake 査読

    Takashi Aoyama

    SPIE - The international Society for Optical Engineering   8525   852513-1 - 852513-7   2012年10月

  • ソフトウェア無線システムの導入によるあわらキャンパス短波電波観測システムの今後の展望

    中城智之、青山隆司、寺嶋一博

    福井工業大学研究紀要   ( 42 )   60 - 65   2012年6月

  • 衛星分光画像を用いた東北地方太平洋沖地震による津波被害の検証

    青山隆司、藤巻翔平

    福井工業大学研究紀要   ( 42 )   22 - 31   2012年6月

     詳細を見る

    本研究はリモートセンシング技術を利用し、東日本大震災の被害検証として、主に東北地方太平洋側沿岸の冠水域の回復状況を把握することを目指したものである。本学芦原キャンパスに設置されたTerra,Aqua/MODIS受信システムで受信したMODIS(中分解能撮像分光放射計)データを利用し、特に津波被害のひどい3つの地域の陸地から海までの近赤外線の反射強度について、震災前の2月26日から震災後の9月7日までの観測時に雲が比較的少ないデータを抽出し解析を行った。解析手法としては、陸域、冠水域、海域の各領域での近赤外線の反射強度の平均をとり、陸域と冠水域の反射強度の平均値から海域の反射強度の平均値を簡易大気補正のため引いた後、両者の比をとる。この値が1に近いほど冠水面積あるいは水分量は少なく、0に近いほど冠水面積が大きいことを示していることを利用し、時系列に並べることで各地域での冠水域の回復状況を解析した。
     解析の結果、3つの地域で震災後急激に広くなった冠水域は時間をかけゆっくりと回復していることが解った。震災直後の大規模な冠水域は5月頃一旦回復するが、再び冠水域が広くなっている。その理由としては5月末に発生した大量の降雨が関係していることが明らかになった。

  • Test of MODIS-type Cloud Mask Algorithm in Comparison with Collocated Observations by infrared-thermograph on Ground 査読

    Takashi Aoyama, Motohiko Nagano

    Journal of The Remote Sensing Society of Japan   31 ( 3 )   323 - 333   2011年7月

  • 衛星リモートセンシングによる赤潮の移動と消長過程の観測

    青山隆司, 松井佑介

    福井工業大学研究紀要   ( 41 )   46 - 54   2011年6月

  • 衛星分光画像を用いた北潟湖の全燐濃度の推定

    青山隆司, 松井佑介

    福井工業大学研究紀要   ( 41 )   39 - 45   2011年6月

  • Algorithm for estimating the chlorophyll-a concentrations in water areas with different qualities from satellite data 査読

    Takashi Aoyama

    SPIE - The international Society for Optical Engineering   7858   785819-1 - 785819-8   2010年10月

  • 分光反射率計測による北潟湖の水質評価

    青山 隆司、安部 礼恵、松井 佑介

    福井工業大学 研究紀要   40   331 - 339   2010年8月

  • 衛星分光画像を用いた小浜湾の水質計測 -水質の季節変化-

    青山 隆司、松井 佑介

    福井工業大学 研究紀要   40   340 - 349   2010年8月

  • 衛星リモートセンシングを用いた小浜湾の水質計測

    松井 佑介、青山 隆司

    福井工業大学 研究紀要   39   344 - 351   2009年8月

  • 衛星分光画像を用いた北潟湖の水質評価

    青山 隆司、庄司 直弘、松井 佑介

    福井工業大学 研究紀要   39   336 - 343   2009年8月

  • Evaluation of water quality of Lake Kitagata based on satellite remote sensing technique - Spectral measurement of Lake Kitagata - 査読

    Takashi Aoyama

    SPIE - The international Society for Optical Engineering   7150   7150H-1 - 7150H-9   2008年11月

  • 衛星リモートセンシングを用いた北潟湖の水質計測 -北潟湖水の分光計測-

    青山 隆司、庄司 直弘

    福井工業大学 研究紀要   38   337 - 344   2008年5月

  • MODIS画像に基づく若狭湾の赤潮発生条件

    青山隆司、大家寛

    福井工業大学 研究紀要   37   343 - 350   2007年5月

  • Condition of red tide appearance in Wakasa Bay based on Terra, Aqua/MODIS images 査読

    Takashi Aoyama and Hiroshi Oya

    SPIE - The International Society for Optical Engineering   6412   64120V-1 - 64120V-8   2006年11月

  • 福井工業大学 Terra, Aqua/MODIS 受信・解析システム 査読

    青山隆司、大家寛

    Journal of Advanced Marine Science and Technology Society   12 ( 1 )   69 - 74   2006年10月

  • 太陽電波バースト自動検出システムの開発

    青山隆司、時耕慎次、松井佑介

    福井工業大学 研究紀要   36   237 - 244   2006年3月

  • マイクロ波帯太陽電波スペクトル計の開発

    青山隆司、大家寛

    福井工業大学 研究紀要   35   317 - 324   2005年3月

  • 芦原宇宙 電波観測施設におけるデカメータ帯太陽電波観測システムの開発

    青山隆司、大家寛

    福井工業大学 研究紀要   34   323 - 330   2004年3月

  • 地球環境観測衛星Terra/Aqua-MODIS受信システム

    加藤芳信、青山隆司

    福井工業大学 研究紀要   34   331 - 338   2004年3月

  • スプリット型太陽電波の発生機構

    青山隆司、大家寛

    福井工業大学 研究紀要   33   335 - 342   2003年3月

  • 太陽という名の電波星 -太陽電波の観測-

    青山 隆司

    実践教育研究会MSR分科会 MSR   3   7 - 12   2001年9月

  • スプリット型太陽電波の発生機構

    青山 隆司

    職業能力開発報文誌   12 ( 2 )   2000年9月

  • 月面からの低周波宇宙電波観測の提案

    青山 隆司

    東北職業能力開発大学校紀要   12   15 - 18   2000年4月

  • 銀河生成シミュレーション

    青山 隆司

    技能と技術   33   1998年6月

  • Decametric Radiations from a Large Scale Magnetic Loop in the Solar Corona 査読

    Takashi Aoyama, Hiroshi Oya

    J. Geomag. Geoelectr.   46   97 - 105   1994年

  • Structure of the Jovian Magnetospheric Boundary Region 査読

    Takashi Aoyama and Hiroshi Oya

    J. Geomag. Geoelectr.   40   1 - 32   1988年

  • Observation of Solar Radio Bursts Using Swept-Frequency Radiospectrograph in 20-40 MHz Band 査読

    Takashi Aoyama and Hiroshi Oya

    J. Geomag. Geoelectr.   39   571 - 589   1987年

  • Dawn-Dusk Asymmetry and Spongy Nature of the Jovian Magnetosphere 査読

    Takashi Aoyama and Hiroshi Oya

    J. Geomag. Geoelectr.   37   839 - 867   1985年

  • Theoretical Study on Plasma Wind and Convection in Jovian Magnetodisc 査読

    Hiroshi Oya, Takashi Aoyama

    J. Geomag. Geoelectr.   37   37 - 64   1985年

▼全件表示

書籍等出版物

  • はじめてのプラズマ技術

    飯島徹穂,近藤信一,青山隆司( 担当: 共著)

    森北出版  2011年8月  ( ISBN:978-4-627-78611-0

     詳細を見る

    工業調査会にて出版した同名の著書を修正加筆し森北出版にて出版したもの

  • アビリティ物理 -量子論と相対論-

    飯島徹穂、佐々木隆幸、青山隆司( 担当: 共著 ,  範囲: プロローグ、第5章および第6章(相対論)、全体の校正、修正、加筆を担当)

    共立出版  2002年11月 

  • アビリティ物理 -音の波・光の波-

    飯島徹穂、佐々木隆幸、青山隆司( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章 「音の波」、付録B、全体の校正、修正、加筆を担当)

    共立出版  2002年1月 

  • アビリティ物理 -電気と磁気-

    飯島徹穂、佐々木隆幸、青山隆司( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章 電磁力と電流、付録A、B、E、全体の校正、修正、加筆を担当)

    共立出版  2001年3月 

  • はじめてのプラズマ技術

    飯島徹穂、近藤信一、青山隆司( 担当: 共著 ,  範囲: 第1章1.2 自然界のプラズマ、第3章3.1 自然界のプラズマの発生、第4章4.5 電波探査法、第5章5.6 核融合、全体の編集・加筆・修正を担当)

    工業調査会  1999年7月 

  • アビリティ物理 -物体の運動-

    飯島徹穂、佐々木隆幸、青山隆司( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章 放物運動、第5章の1部、付録の1部、全体の編集・加筆・修正を担当)

    共立出版  1999年2月 

  • マグローヒル 科学技術用語辞典

    青山隆司他多数( 担当: 共訳 ,  範囲: 物理学、宇宙物理学、地球物理学関連の項目を、およそ2~300項目程を翻訳)

    日刊工業社  1996年9月 

  • 技術者のための基礎物理-電磁気学-

    飯島徹穂、高田正保、佐々木隆幸、青山隆司( 担当: 共著 ,  範囲: 第0章プロローグ、第4章 電流と磁界、全体の編集・加筆・修正を担当)

    共立出版  1995年2月 

  • 工学基礎数学 PartⅡ

    青山隆司他( 担当: 共著)

    工業調査会  1991年4月 

  • 工学基礎数学 PartⅠ

    青山隆司他( 担当: 共著)

    工業調査会  1991年4月 

  • 技術者のための基礎物理 -力学-

    飯島徹穂、高田正保、佐々木隆幸、青山隆司( 担当: 共著)

    共立出版株式会社  1990年1月 

▼全件表示

MISC

  • 衛星リモートセンシングによる北潟湖の水質計測

    青山隆司

    化学工学   75 ( 12 )   22 - 24   2011年12月

  • よくわかる地球の科学 「宇宙から見た自然現象:宇宙から見た地球の変動」

    青山隆司 NASA

    Newton別冊   8 - 21   2008年10月

  • 「宇宙から見た地球の変動 -地球観測衛星テラがとらえた大自然の息吹-」

    青山隆司 NASA

    Newton   ( 12月号 )   14 - 27   2005年12月

講演・口頭発表等

  • Extraction of marine debris in the Sea of Japan using satellite images 国際会議

    Takashi Aoyama

    SPIE Asia-Pacific Remote Sensing 2018 

  • VALIDATION OF EXTRACTION METHODS OF MARINE DEBRIS IN THE SEA OF JAPAN USING SATELLITE IMAGES 国際会議

    Takashi Aoyama

    International Symposium on Remote Sensing 2017 

  • 衛星画像を用いた海ゴミ抽出法の検証

    青山 隆司

    日本リモートセンシング学会 第61回学術講演会 

  • 衛星画像を用いた日本海漂流ゴミの抽出法とその検証

    青山 隆司

    平成28年度電気関係学会北陸支部連合大会 

  • Extraction of marine debris in the Sea of Japan using high-spatial-resolution satellite images 国際会議

    Takashi Aoyama

    SPIE Asia-Pacific Remote Sensing 2016 

  • 衛星画像を用いた日本海漂流ゴミの抽出法

    青山隆司

    日本リモートセンシング学会 第59回学術講演会  日本リモートセンシング学会

  • Extraction of Marine Debris in the Sea of Japan Using Multi-spectral Satellite Images 国際会議

    Takashi Aoyama

    FUT International Symposium on New Approach for Studying Environment in Hokuriku  Fukui University of Technology

  • Extraction of Marine Debris in the Sea of Japan and Estimation of the Chlorophyll-a Concentrations of Eutrophic Lakes, Using Multi-spectral Satellite Images 国際会議

    Takashi Aoyama

    The 2nd NTU/FUT Joint Symposium  Fukui University of Technology

  • 衛星画像を用いた日本海漂流ゴミの抽出手法について

    青山隆司

    平成27 年度電気関係学会北陸支部連合大会  電気関係学会北陸支部

  • 衛星リモートセンシングの実利用

    青山隆司

    FUTシンポジウム  福井工業大学

  • Monitoring of debris in the ocean using multi-spectral satellite images 国際会議

    Takashi Aoyama

    International Symposium on Remote Sensing 2015  National Cheng Kung University

  • 高解像度衛星画像を用いた小浜湾の藻場計測 (基礎研究課題)

    青山隆司

    文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」平成26年度研究成果発表会  福井工業大学

  • 海洋漂流物のモニタリングと北潟湖の水質計測 (重点研究課題1)

    青山隆司

    文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」平成26年度研究成果発表会  福井工業大学

  • 衛星分光画像を用いた日本海漂流ゴミの抽出に向けて

    青山 隆司

    海洋理工学会 平成26年度秋季大会 

  • Monitoring of marine debris in the Sea of Japan using multi-spectral satellite images 国際会議

    Takashi Aoyama

    SPIE Asia-Pacific Remote Sensing 2014 

  • 衛星分光画像を用いた日本海漂流ゴミの監視

    青山 隆司,野沢 志帆

    平成26 年度電気関係学会北陸支部連合大会 

  • 衛星分光画像を用いた海洋漂流物の監視 ―津波瓦礫と日本海不法投棄ゴミ―

    青山隆司

    文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」中間成果発表会 

  • 高解像度衛星画像を用いた日本海漂流ゴミの監視

    青山隆司、佐々木拓海

    日本リモーとセンシング学会 第56回学術講演会 

  • 福井工業大学あわらキャンパスに設置されたウィンドプロファイラーレーダーによる北陸沿岸域の局地循環観測の現状報告

    中城智之、青山隆司他

    日本気象学会2013年度秋季大会 

  • Monitoring of debris flow in the ocean generated by huge tsunami caused by the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake 国際会議

    Takashi Aoyama

    SPIE Asia-Pacific Remote Sensing 2012 

▼全件表示

その他研究活動

  • 衛星リモートセンシング技術を用いた気圏・水圏の環境計測 ‐津波瓦礫の監視と北陸地域の大気境界層の観測-

    2014年3月

 

担当経験のある授業科目

  • 電気電子工学実験

    機関名:福井工業大学

  • 電磁気学Ⅰ

    機関名:福井工業大学

  • 電磁気学Ⅱ

    機関名:福井工業大学

  • 電磁気学Ⅲ

    機関名:福井工業大学

  • 宇宙環境科学特論

    機関名:福井工業大学

  • 衛星リモートセンシング特論

    機関名:福井工業大学

  • 卒業研究

    機関名:福井工業大学

  • キャリアゼミ

    機関名:福井工業大学

▼全件表示