基本情報

写真a

山元 康平

Kohei Yamamoto


職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  体育専門学群,2010年,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(コーチング学),筑波学院大学,課程,2017年

  • 修士(体育学),筑波学院大学,課程,2012年

  • 学士(体育学),筑波大学,課程,2010年

職歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会,特別研究員DC2

  • 筑波大学,研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会

  • 日本スポーツ教育学会

  • 日本トレーニング学会

  • 日本スポーツマネジメント学会

  • 日本陸上競技学会

全件表示 >>

研究 【 表示 / 非表示

  • レース分析をもとにしたスプリント種目のコーチング

  • フィットネスー疲労モテルを用いた女性陸上競技者のコンティショニンク法

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 110mHレースにおけるモデルタッチダウンタイムの再検討:13.71s-14.59sの競技者を対象として

    筑波大学体育科学系紀要,36巻 (頁 59 ~ 67) ,2012年

    宮代賢治,山元康平,内藤 景,谷川 聡,西嶋尚彦.

  • 男子100m走における身長別のモデルステップ変数

    スプリント研究,22巻 (頁 57 ~ 76) ,2013年

    宮代賢治,山元康平,内藤 景,谷川 聡

  • Type-specific step characteristics of sprinters during acceleration phase of 100-m race

    Proceedings of the 31 th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports,2013年

    Hikari Naito , Yasushi Kariyama, Kenji Miyashiro, Kohei Yamamoto, Satoru Tanigawa

  • 短距離走競技者のステップタイプに応じた100mレース中の加速局面の疾走動態

    体育学研究,58巻 2号 (頁 523 ~ 538) ,2013年

    内藤 景,苅山 靖,宮代賢治,山元康平,尾縣 貢,谷川 聡

  • 陸上競技男子400m走におけるレースパターンとパフォーマンスとの関係

    体育学研究,59巻 1号 (頁 159 ~ 173) ,2014年

    山元康平,宮代賢治,内藤 景,木越清信,谷川 聡,大山卞圭悟,宮下 憲,尾縣 貢

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • スプリント&ハードル

    陸上競技社,2012年,単行本(学術書)

    宮下 憲

    分担執筆

  • 陸上競技のコーチング学

    大修館書店,2020年,単行本(学術書)

    日本陸上競技学会

    分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • インターハイ,バイオメカニクス,リポート(男子400m,女子400m)

    陸上競技マガジン,ベースボールマガジン社,12巻 (頁 145 ~ 146) ,2013年

    山元康平

  • 陸上競技男子400m走におけスピード低下量からみたタイプを考慮したモデルレースパターン作成の試み

    スプリント研究,日本スプリント学会,23巻 (頁 85 ~ 87) ,2014年

    山元康平,宮代賢治,内藤 景,木越清信,大山卞圭悟,宮下 憲

  • インターハイ,バイオメカニクス,リポート(女子400m)

    陸上競技マガジン,ベースボールマガジン社,11巻 (頁 30) ,2014年

    山元康平

  • 2014年度競技会における男子400m走のレース分析

    陸上競技研究紀要,日本陸上競技連盟,13巻 (頁 75 ~ 79) ,2015年

    山本真帆,松林武生,山中 亮,小林 海,松尾彰文,柳谷登志雄,広川龍太郎,小山宏之,榎本靖士,岡崎和伸,門野洋介,山元康平

  • 陸上競技女子ロングスプリント競技者のパフォーマンス変化に伴うレースパターンおよび技術

    コーチング学研究,日本コーチング学会,28巻 (頁 213 ~ 217) ,2015年

    山元康平,内藤 景,木越清信,尾縣 貢

全件表示 >>