基本情報

写真a

小松 節子

Setsuko Komatsu


職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 明治薬科大学  薬学部,1980年,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学),明治薬科大学,論文,1991年

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 国際プロテオーム学会

  • 日本植物生理学会

  • 日本プロテオーム学会

研究 【 表示 / 非表示

  • オミクス統合シミュレィションを基軸にしたダイズ出芽期に耐湿性を付与する技術の開発

  • ダイズ生育初期の湿害発生時におけるタンパク質群による制御機構解明

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 卵操作によるマイクロマニプレーションの応用

    哺乳動物卵子学会誌,2巻 (頁 67 ~ 70) ,1985年

    鈴木秋悦、倉沢滋明、飯塚理八、小松節子、橋本孝雄

  • Cooperative inhibitory effect of follicular fluid and cAMP on hamster oocyte maturation.

    Experiential,42巻 (頁 795 ~ 798) ,1986年

    Suzuki S, Kurasawa S, Kitai H, Oba M, Komatsu S, Yoda K, Iizuka R.

  • In vitro fertilization and development of ova obtained from female mice treated with aminopterin and mitomycin C

    J Toxicol Sci,11巻 (頁 321 ~ 333) ,1986年

    Hashimoto T, Takeuchi K, Ohno S, Komatsu S.

  • マウス初期胚におよぼすmitomycin Cの影響

    応用薬理,32巻 (頁 495 ~ 501) ,1986年

    橋本孝雄, 小松節子

  • Cytosolic analysis of dominant lethal effects of mitomycin C and ethyl methanesulfonate

    J Toxicol Sci,12巻 (頁 33 ~ 45) ,1987年

    Hashimoto T, Takeuchi K, Ohno S, Komatsu S, Ohno Y.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Future Aspects in Human In vitro Fertilization. (Experimental approaches to the preimplantation ova with emphasis on cytoplasmic factors, cell cycle and intercellular connections)

    Springer Verlag,1987年,単行本(学術書)

    W. Feichinger, P. Kemeter (S.Suzuki, H.Kitai, S.Kurasawa, S.Komatsu, R.Iizuka)

    分担執筆

  • Advances in Assisted Reproductive Technologies (Gametes-and embryo-oviduct interactions.)

    Pleum Press,1990年,単行本(学術書)

    S.Mashiach (S.Suzuki, Y.Oshiba, Y.Endo, S.Komatsu, H.Kitai, R.Iizuka)

    分担執筆

  • Plant Tissue Culture and Gene Manipulation for Breeding and Formation of Phytochemicals (Structure and function of plant basic 7S globulin-like proteins.)

    National Institute of Agrobiological Sciences,1992年,単行本(学術書)

    K.Oono (H.Hirano, S.Komastu, H.Kajiwara, Y.Watanabe)

    分担執筆

  • 植物のシグナルトランスダクション (蛋白質のリン酸化)

    東京化学同人,1996年,単行本(学術書)

    蓮沼仰嗣, 平野久 (小松節子)

    分担執筆

  • Plant Nutrition for Sustainable Food Production and Environment (Analysis of protein in low-phosphorus-adapted ruzigrass (Brachiaria ruziziensis))

    Kluwer Academic Publishers,1997年,単行本(学術書)

    T.Ando (T.Masuda, T.Yonayama, K.Kataoka, S.Komatsu)

    分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 卵操作におけるマイクロマニプレーションの応用

    産婦人科治療,xx,50巻 (頁 485 ~ 491) ,1985年

    鈴木秋悦、倉沢滋明、飯塚理八、小松節子、橋本孝雄 

  • 卵子の成熟機構

    細胞,xx,17巻 (頁 235 ~ 239) ,1985年

    鈴木秋悦、倉沢滋明、小松節子

  • マウス受精卵分割における細胞質の役割

    医学のあゆみ,xx,134巻 (頁 1083 ~ 1084) ,1985年

    鈴木秋悦、倉沢滋明、小松節子

  • 妊娠の成立機序

    臨婦産,xx,40巻 (頁 181 ~ 186) ,1986年

    鈴木秋悦、倉沢滋明、小松節子

  • マウス受精卵分割におけるEDTAの影響ーマイクロインジェクション法による検討

    医学のあゆみ,xx,140巻 (頁 773 ~ 774) ,1987年

    鈴木秋悦、小松節子、北井啓勝

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • イネ収量のオゾン影響評価方法,特許

    澤田寛子、河野吉久、小松節子、南條洋平

    登録番号( 2011-081335,2011年03月31日 )

  • ブラシノライド応答性遺伝子およびその利用,特許

    小松節子、YANG Guangxiao

    登録番号( 3754005,2005年12月22日 )

  • ストレスに応答する根特異的遺伝子,特許

    小松節子、小柴共一、澤進一郎、橋本誠

    登録番号( 3731048,2005年10月21日 )

  • 標識された核酸またはタンパク質の製造方法,特許

    大野清春、小松節子、高岩文雄

    登録番号( 3640288,2005年01月28日 )

  • 低温ストレスに応答するCRTintP遺伝子およびその利用,特許

    小松節子、SHARMA Arun、橋本純治、坂口謙吾

    登録番号( 383944,2006年08月11日 )

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • バイオテクノロジー

  • 工学英語演習

  • 分子生物学

  • バイオテクノロジー特論

  • 遺伝子工学