基本情報

写真a

下川 勇

Isamu Shimokawa


職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 日本文理大学  工学部  建築学科,1994年,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 福井大学  工学研究科  システム設計専攻 建築・都市システム講座,2002年,博士課程,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),福井大学,課程,2002年

職歴 【 表示 / 非表示

  • 株式会社 ゆう建築設計事務所,職員(技術系)

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 福井市都市景観賞,2006年

  • 福井市都市景観賞,2007年

  • 光のアートコンペ,2007年

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会

  • 都市計画学会

  • 地中海学会

研究 【 表示 / 非表示

  • アンドレア・パッラーディオの建築思想研究

  • 地域活性化に関する研究

  • 都市・地域景観創造法に関する研究

  • ヴィンチェンツォ・スカモッツィの建築理論研究

 

論文 【 表示 / 非表示

  • パッラーディオと人文主義精神―パッラーディオの古典観と人文主義精神について

    日本建築学会近畿支部研究報告集37号 (頁 865 ~ 868) ,1997年

    下川勇

  • 古典主義建築と古典主義について―古典主義建築における基礎的研究

    日本建築学会大会学術講演梗概集,F-2巻 (頁 471 ~ 472) ,1998年

    下川勇

  • 石工職人時代のパッラーディオについて―ペデムーロの職人組合とトリッシーノを通して

    日本建築学会北陸支部研究報告集42号 (頁 1 ~ 8) ,1999年

    下川勇

  • ヴィンチェンツォ・スカモッツのマニエリスム的傾向について―自由の精神をめぐる考察

    日本建築学会近畿支部研究報告集40号 (頁 953 ~ 956) ,2000年

    下川勇

  • ヴィンチェンツォ・スカモッツの青年期の教育Ⅰ―ヴィチェンツァでの教育について

    日本建築学会北陸支部研究報告集43号 (頁 551 ~ 554) ,2000年

    下川勇

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 建築制作論の研究

    中央公論美術出版,2016年,事典・辞書

    加藤邦男 他24名

    ヴィンチェンツォ・スカモッツィの建築制作論,分担執筆

  • 地域力を育む「まち+ひと+しごと」プログラムの作成~歴史資源を活用した地域づくり研究~

    福井県大学等連携研究推進事業,2017年,その他

    下川勇, 江川誠一, 田中志敬, 多米淑人, 福井青年会議所

    主要研究である福井城址の視覚的再生に関する研究及び全体編集,編集執筆

  • 福井県あわら市 空き家6計 for AWARA~空き家の利活用に関する6つの提案~

    福井県あわら市,2017年,その他

    下川勇

    全般,執筆

作品 【 表示 / 非表示

  • N邸,建築,1997年

    京都市左京区

    この建築は客を持成したいとの施主の希望により計画された迎賓館である。既存の住宅敷地内の大規模な日本庭園に調和するよう計画した。基本設計を担当。木造2階建。延床面積709㎡

    下川 勇(ゆう建築設計事務所京都本社),分担者

  • K邸,建築,1997年

    京都市東山区

    この建築は京都の伝統的な長屋形態の茶屋を住宅に改修する計画である。同じ形状の建物が隣接するため採光がとれず、昼間でも照明を点けている現状を解決するために、中庭形式を採用した。基本設計を担当。木造2階建。延床面積275㎡

    下川 勇(ゆう建築設計事務所京都本社),分担者

  • 東山老年サナトリウム,建築,1998年

    京都市東山区

    この建築は病棟数の確保を目的として既存の建物群を増改築、別棟数棟を新築する計画である。山並に傾斜をしている敷地を活かし、既存の建物群を取り囲む形式で新築建物を配置。高齢者の住まいとなるため既存建物と新築建物の空中連絡通路を設けるなど配慮し、また様々なイベントに対応するよう多目的スペースを数多く配置した。医師や看護師、ボランティアの方々からの意見を取り入れ、高齢者の負担にならない間取りや配色を行った。新築各棟と貯水槽設置の基本設計を担当。鉄骨地下1階・地上2階建。24,553㎡

    下川 勇(ゆう建築設計事務所京都本社),分担者

  • 市民参加型ワークショップ「ACTIVE」の実施,その他,2006年

    福井市駅前商店街内

    福井駅前の現状と今後の展望を話し合う市民参加型ワークショップ、ならびに下川研究室の学生たちが行った都市設計の設計展を同時開催した。福井市、商工会議所、駅前商店街の方々を招集し、パネルディスカッションを実施。

    下川 勇(下川研究室),代表者

  • 講師講演「福井の都市・建築の行方-中心市街地活性化の可能性」,その他,2006年

    福井建築士会

    福井市中心市街地の目指すべき都市計画的方向性をコンパクトシティの理念に基づき解説。

    下川 勇,代表者

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 都市環境論

  • 製図法

  • 都市計画・地域計画

  • 建築史論

  • 創成科学Ⅱ

  • 卒業研究

  • メジャーFTH

  • 基礎製図Ⅱ

  • 建築設計製図Ⅱ

  • 建築設計製図Ⅰ