基本情報

写真a

古荘 純次

Junji Furusho


出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学部  機械工学科,1970年,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学研究科,1975年,博士課程,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,大阪大学,課程,1976年

職歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学,助手

  • 岐阜大学,講師

  • 岐阜大学,助教授

  • 電気通信大学,教授

  • 大阪大学,教授

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門業績賞,1996年

  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞,2001年

  • 日本機械学会フェロー,2003年

  • 日本レオロジー学会技術賞,2004年

  • IEEE Int. Conf. on Mechatoronics and Automation, Best Paper Award in Mechatronics,2006年

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本ロボット学会

  • 計測自動制御学会

  • 日本機械学会

  • 日本生体医工学会

  • 日本リハビリテーション医学会

全件表示 >>

研究 【 表示 / 非表示

  • 上肢リハビリ支援システム

  • 下肢リハビリ支援システム

  • バーチャルリアリティにおける力覚提示システム

  • 各種センサー情報を用いた運動機能計測

  • リハビリ支援システムと機能的電気刺激・磁気刺激の融合

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ERダンパ内蔵型アクチュエータの開発および その基礎的特性に関する検討

    電気学会論文誌D,Vol.120-D巻 No.1号 (頁 29 ~ 37) ,2000年

    武居直行, 章国光, 坂口正道, 古荘純次, 清沢芳秀

  • 両方向回転形ERアクチュエータのモデリングと運動制御

    日本機械学会論文集(C編),Vol.66巻 No.645号 (頁 1551 ~ 1558) ,2000年

    坂口正道, 章国光, 古荘純次

  • Speed Control of Two-Inertia System by PI/PID Control

    IEEE Transactions on Industrial Electronics,Vol.47巻 No.3号 (頁 603 ~ 609) ,2000年

    G. Zhang and J. Furusho

  • Vibration Suppression Control of Robot Arms Using a Homogeneous-Type Electrorheological Fluid

    IEEE/ASME Transactions on Mechatronics,Vol.5巻 No.3号 (頁 302 ~ 309) ,2000年

    G. Zhang, J. Furusho and M. Sakaguchi

  • ダイレクト・ドライブ・モータの 高ゲインフィードバック制御に関する研究 (均一系ER流体を用いた可変ダンパの適用)

    日本機械学会論文集(C編),Vol.66巻 No.651号 (頁 3625 ~ 3631) ,2000年

    武居直行, 小柳健一, 章国光, 坂口正道, 古荘純次

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『生物型システムのダイナミックスと制御』(日本機械学会編)

    養賢堂,2002年,単行本(学術書)

    古荘純次,武居直行

    第4章「二足歩行のダイナミックスと制御」(pp.105-154),分担執筆

  • 新版「ロボット工学ハンドブック(日本ロボット学会編)」

    コロナ社,2005年,事典・辞書

    古荘純次他

    ER流体(pp.177-178),2脚ロボット(pp.418-422, pp.428-432),分担執筆

  • JFPS 機能性流体を用いたスマートフルードパワーシステムに関する研究委員会研究成果報告書(I)

    日本フルードパワーシステム学会,2006年,その他

    古荘純次,李成求,菊池武士

    MR流体の医療福祉メカトロニクスへの応用(pp.95-104),ER流体を用いた医療・福祉メカトロニクス(pp.41-48),分担執筆

  • Rehabilitation Robotics (Edited by Sashi S Kommu)

    I-Tech Education and Publishing,2007年,単行本(学術書)

    Junji Furusho, Takehito Kikuchi

    A 3-D Rehabilitation System for Upper Limbs "EMUL", and a 6-DOF Rehabilitation System "Robotherapist", and Other Rehabilitation System with High Safety,Chapter 8, I-Tech Education and Publishing, pp.115-136,分担執筆

  • Rehabilitation Engineering

    I-Tech Education and Publishing,2009年,単行本(学術書)

    Junji Furusho, Ying Jin,Takehito Kikuchi

    "A 6-DOF Rehabilitation System for Upper Limbs "Robotherapist" and Other Rehabilitation Systems with High Safety"(pp.245-288),Quasi-3 DOF Rehabilitation System for Upper Limbs, “PLEMO”(pp.187-202),分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ER流体を用いたメカトロニクスシステム

    フルードパワーシステム,日本油空圧学会,Vol.32巻 No.6号 (頁 390 ~ 395) ,2001年

    古荘純次

  • 機能性流体を用いたウェアラブルパワーアシストシステム(安全性に関する国際・国内基準に基づく研究開発)

    フルードパワーシステム,日本フルードパワーシステム学会,Vol.34巻 No.5号 (頁 121 ~ 127 ) ,2003年

    古荘純次,小柳健一

  • Virtual Reality Training(Using Computer)

    Journal of Clinical Rehabilitation,医歯薬出版株式会社,Vol.35巻 No.6号 (頁 564 ~ 567) ,2004年

    宮越浩一,道免和久,古荘純次,小柳健一

  • 手首を含む6自由度上肢リハビリ支援ロボット「セラフィ」

    日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol.24巻 No.2号 (頁 186) ,2006年

    古荘純次,中山健二

  • 高い安全性を有する6自由度上肢リハビリ支援ロボット

    日本生活支援工学会誌,日本生活支援工学会,Vol.5巻 No.2号 (頁 4) ,2006年

    古荘純次,志智直人

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 電機粘性流体を用いたアクチュエーター,特許

    古荘純次,佐野明人,古賀滋男,井上昭夫

    出願番号( 特願平5-117352,1993年05月19日 )

    旭化成工業株式会社

    登録番号( 3281109,2002年02月22日 )

  • 仮想現実感および遠隔現実感システム,特許

    古荘純次,佐野明人,井上昭夫

    出願番号( PCT/JP95/01426,1995年07月18日 )

    旭化成工業株式会社

    登録番号( 3585498,2004年08月13日 )

  • 電気粘性流体の制御方法,特許

    古荘純次,坂口正道,井上昭夫

    出願番号( 特願平07-232114,1995年08月18日 )

    旭化成工業株式会社

    登録番号( 3915026,2007年02月16日 )

  • パッシブ型力覚提示装置,特許

    古荘純次,坂口正道

    出願番号( 特願平11-133951,1999年05月14日 )

    独立行政法人科学技術振興機構

    登録番号( 3819636,2006年06月23日 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • アクションFTH

  • 創成科学Ⅱ

  • システム工学

  • 創成科学Ⅰ

  • ロボット実習Ⅱ

  • 卒業研究

  • プレゼンテーション技法

  • 経営情報実習

  • 博士後期課程研究指導

  • フレッシュマンFTH

  • ロボット実習Ⅰ

  • 専門英語

  • 微分積分学Ⅲ

  • 計測自動制御工学特論

  • 博士前期課程研究指導